スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツチヤの軽はずみ

今回は、お茶の水女子大学教授である土屋賢二さんの「ツチヤの軽はずみ」です。
ツチヤの軽はずみ (文春文庫)ツチヤの軽はずみ (文春文庫)
(2001/10)
土屋 賢二

商品詳細を見る

この本は大学教授の土屋さんによるエッセイ。週刊文春に連載されていたものを書籍としてまとめたものです。哲学者である土屋さんが放つ土屋節が所々に見られます。そこをわかった上で読まないと何だこれは?ということになります。私が、最初に読んだ土屋さんの本は「われ笑うゆえにわれあり」という本です。最初はこいつおかしいんじゃないかと正直思いましたが、読み進めていくうちに慣れていいって次第に笑えるようになりました。最初は何でも我慢が必要ですね。

ある事実に対して、拡大解釈したり、大げさに言ったりする手法が多いような気がします。何度も繰り返しやられているとあるところでクスりときてしまいます。本当に哲学者ですか?と疑ってしまうような内容です。決して非難ではありませんよ。娯楽的な読み物としてはかなりいいと思います。

参考、「われ笑うゆえにわれあり」。
われ笑う、ゆえにわれあり (文春文庫)われ笑う、ゆえにわれあり (文春文庫)
(1997/11)
土屋 賢二

商品詳細を見る
スポンサーサイト

国盗り物語

今回は、司馬遼太郎の「国盗り物語」です。今回は写真無しです。すみません
全4巻です。

時は戦国時代、群雄割拠の時代。まだ身分もなかった、松波庄九郎(斉藤道三)は美濃のくにを奪って天下人になろうと画策する。そして、後編は、道三の意志を継いだ織田信長がほんの王子の変で死ぬまでの話。

登場人物も多く歴史に興味がないと絶対に読むことはできませんが、読み通すことができると快感です。私は、4巻読むのに1週間かかりました。

物語に一貫して出てくるのが、明智光秀。司馬遼太郎の書き方のすごさが伺えます。前提となる知識をある程度持っていれば、純粋に楽しめるかと思います。私としては、「龍馬がゆく」よりもおもしろいです。

食わず嫌いして読まないのは絶対に損です。

是非、司馬史観を味わってください。

戦略的読書術

今回は、レバレッジ・リーディングです。
レバレッジ・リーディングレバレッジ・リーディング
(2006/12/01)
本田 直之

商品詳細を見る

著者は、70万部突破のレバレッジシリーズで知られる本田直之さんです。
楽しみとは別に、ビジネスなどに役立てる読書法としては最適です。

無駄なことをなるべくしないことが、モットーのようです。

私は、人生には無駄も必要だと思いますが、人それぞれ価値観が違うので、そこについては言及しません。

この本には、著者の読書について深く書いてあります。
多読とは何か?からはじまり、本の選び方、レバレッジ・リーディングの方法。そして、読んだことを無駄にしない方法。という順になっています。
ひとつのことについてあらゆる角度から書いてあるので、内容の理解が深まりやすいです。

最後に、本の内容からメモをするのですが、ビジネスだけでなくても応用できそうです。

007慰めの報酬

先日、007慰めの報酬を観てきました。
007シリーズは、「カジノロワイアル」しかまだ見ていないので、そこまで多く語れないのですが、どうか付き合ってください。

主演は、ダニエル・クレイグ。イギリスの俳優だそうです。
6代目ジェームズ・ボンドだそうです。

映画は、字幕だったので英語もすこし聞きましたが、あまり聞きとれなかったです。

内容が、非常にシリアスだったので、ストーリーを追うのが大変でした。
単純にアクションが面白かったので、よかったと思います。
007シリーズ上初の、続編らしいです。
「らしい」ですばっかりですね。すみません。

軽い気持ちで見ると、ぶちのめされそうです。
しっかり、前作を見て予習しておくべきではないでしょうか。

ただ、非常に面白いことは確かです。

太陽の塔

本日2回目。
今回は、新鋭作家、森見登美彦さんの「太陽の塔」です。
太陽の塔 (新潮文庫)太陽の塔 (新潮文庫)
(2006/05)
森見 登美彦

商品詳細を見る


内容からすると、もてない大学生のお話です。
私は、友人から薦められて読みましたが、思わず笑ってしまうところが数多くありました。
普通の小説とは一線を画す感じがします。

私は、現在、森見さんのほかの著書を読んでいるところです。
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。