スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフ・イズ・ビューティフル

監督、脚本、出演:ロベルト・ベニーニ

LifeIsBeautiful.jpg

ストーリー
第二次世界大戦前夜の1939年、ユダヤ系イタリア人のグイドは、叔父を頼りに友人とともに北イタリアの田舎町にやってきた。陽気な性格の彼は、小学校の教師ドーラと駆落ち同然で結婚して1児をもうける。しかし戦時色は次第に濃くなり、北イタリアに駐留してきたナチス・ドイツによって、3人は強制収容所に送られてしまう。母と引き離され不安がる息子に対し、グイドは嘘をつく。「これはゲームなんだ。泣いたり、ママに会いたがったりしたら減点。いい子にしていれば点数がもらえて、1000点たまったら勝ち。勝ったら、本物の戦車に乗っておうちに帰れるんだ」
(wikipediaより)

アカデミー外国賞並びに、アカデミー主演男優賞、作曲賞も受賞した作品で、とても人気の高い作品です。

第二次世界大戦それもナチによるユダヤ人迫害をコメディとして扱った作品としては、『イングロリアス・バスターズ』以外僕は知らないです。『イングロ』は戦争映画ですけど、コメディでも差支えないでしょう。

映画を大雑把に分けると、前半が主人公グイドとヒロインに当たる人が結婚するまで、後半は強制収容所での生活を描いています。

前半は、気楽に観られますけど、後半になるに従って、少しづつ重くなってきます。いくら笑えると言ってもあのような状況で笑ってはいられなしでしょう。笑いを求めるということは素晴らしいことだと思いますけど、ちょっと不釣り合いにも思えます。しかし、評価はしてもいいんじゃないかと思います。

お父さんはとても機転の利く男でして、どんな場面んでも観客を楽しませる存在なんですけど、ずっと同じ調子と言うのはちょっとなとも思います。観ていてるなら楽しいけど、そばにいると面倒そうな人物像です。

お父さんと並んでいい演技をしてくれるのが、ジョズエ役の子供です。ほんとに無邪気で純粋なんだなと思えようないい演技です。日本語ではないので、棒読みしていようがしていまいがわかり面そうですけど、表情が本当にいいところです。

ラストのあたりはちょっと突っ込みたいですけど、書きすぎるとネタバレになるので控えておきます。ただ、少し書いておくと、「おいおい、あいつはどこ行った…」という感じでしょう。

万人受けする作品ですけど、僕としては題材がきわどいのでそこまで好きにはなれませんでした。ホロコースト系の作品はできる限り暗い作品の方が好きです。『シンドラーのリスト』『戦場のピアニスト』的な暗さが僕は好きです。新しい描き方をしてくれるんですけど、やっぱり戦争には真摯に向き合いたいんで、思い重い方がよさげだと思います。

そんなこと言ったら『M★A★S★H』はどうすんだよとなりそうですけど、あれは戦争コメディですけど、人は基本的に死なないんですOKです。じゃあ『イングロ』は戦争映画と見せかけた、ある種ファンタジー的なものなんで別物です。歴史のお勉強系映画じゃないんでよしとします。

僕は好きではないですけど、一度観てみるのはありだと思います。

評価:70点
アカデミー外国賞作品ですけど、僕としてはこのくらいが妥当だと思います。
スポンサーサイト

消されたヘッドライン

監督:ケヴィン・マクドナルド
脚本:トニー・ギルロイ
出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ロビン・ライト・ペン、ヘレン・ミレン

ストーリー
スキャンダルに巻き込まれた議員とその友人が企業の陰謀に巻き込まれていく

見逃して公開した作品として、ずいぶんと前に記事を書きましたけど、DVDで十分でした。映画館の方が面白いかもしれませんけど、家で観るので十分な作品です。

脚本は『フィクサー』『ボーン』シリーズのトニー・ギルロイです。そういったハードボイルド系の映画を中心に活躍しているようです。

陰謀論という現代にありげな話を取り上げているのはよかったんですけど、ためて、ためて、ためて、ラストは…「えっ…」と言う感じです。宮台真司と同じことを言いますけど、『バーン・アフター・リーディング』と同じです。情報を握っているか握っていないかの違いだけです。

全体としては、よさそうなできなんですけど、今一歩と言うところです。なんでかなと思ったら、単純に落ちが弱いからということが一番でしょう。

ラッセル・クロウが敵の暗殺者らしき人とマンションで対峙するシーンがあるんですけど、そこのアクション(?)がほんとにダサい演出なんですよ。『ダイハード』並みに頑張ってくれるのかと思ったら、そうでもなくそこまで引っ張る必要もないんじゃないかと思いました。

全体で127分なんですけど、あと20分切っただろうと思っていたときに時間を見たら、あと40分ありました。の割に、そこまでの展開が観れませんでした。

一言で言ってしまうと、一応面白いけど、なんだかなあと言うところでしょう。

実際に、新聞をあそこまで熱意を注いで作っている人は本当にいるんでしょうか。エンドロールのあたりで、新聞のできていくあたりはいい感じだったと思います。

そういえば、ヒットの法則にありがちな「師匠と弟子」の形を若干取っているのにもかかわらず、そこまでヒットしませんでした。新聞記者一筋のラッセル・クロウはいい感じだとも思うんですけど、「極意」の伝授が大雑把だったかなと思いました。

一番問題なのは、スピード感と緊迫感が少ないことでしょうね。

評価:65点
キャストはいいんですけど、なんだかなあと言う感じです。

今回の記事あたりから、さらに厳しい感じにしようと思います。いい映画は、いいでいいんですけど、僕の思うままにやっぱり書こうかと思います。もう少し深く映画が観れるようになりたいですね。

人生とは演劇のようなものだ

「人生とは演劇のようなものだ」というのは、たしかシェイクスピアの言った言葉です。演劇ではなく劇だったような気もしますけど。

この言葉は、なんだかんだいって、的を射ている表現だと思います。まったくもって、荒唐無稽ではないと思います。なぜかということについて書いていきたいと思います。

何の言葉だか覚えてはいないんですけど「役割演技」というものがあります。これは何かと言うと、ずいぶん大雑把にいうと、人物にはその場や環境にふさわしい行動を取るようになるというものです。たとえば、小学6年生が、中学1年生になると、最初は小学生みたいですけど、次第に中学生らしくなるようなものです。

自分の立場と言うものは自分で決めていると思うかもしれませんが、僕らが日本人らしい行動(つまり文化を身につけている)を取るということは、日本に生まれ日本人と育ったからです。もし、アメリカ人のように行動しようとしたら、たちまち周りから怒られることになるでしょう。

「まさか~!?」と思うかもしれませんけど、学生は学生らしく、社会人は社会人らしく行動します。学生が先生のように行動するわけにはいきません。

別の見方から考えると、それっぽい行動をすればそれらしく見えるということです。言動とかなら子供でも大人らしくできますよね、そんな感じです。

ここで、僕のもっとも言いたいこと、つまり提言のようなものは、「逆利用すれば自分を変えられる」ということです。

つまり、自分がなりたいもののような行動を取れば周りはそのように理解してくれます。それを利用すれば自分を変えてなりたいものになれるということです。

最もわかりやすい例えにすると、「高校デビュー」でしょう。高校デビューは新しい空間に行くわけですから、新しい自分を構築できるということです。自分を知らないからこそ、新しい自分を作れるということを理解してほしいです。

まだまだ完全な理論にはなってはいないんですけど、これが現時点での僕の仮説です。

今度こそアカデミー作品賞受賞作を観るぞ作戦

タイトルがあまりにも稚拙ですけど、気にしないでください。

前にも似たような話をしましたけど、やっぱり作品賞くらい観ておかないと…ということで、今まで観たものは無視したうえで、新たに観る者をピックアップします。

ただ、古いところまで戻りすぎると、後でまずいので、とりあえず30作以内とします。新しい方から、さかのぼりながら書くことにします。

『クラッシュ』ポール・ハギス
『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』ピーター・ジャクソン
『ビューティフル・マインド』ロン・ハワード
『グラディエーター』リドリー・スコット
『アメリカン・ビューティー』サム・メンデス
『恋に落ちたシェイクスピア』
『イングリッシュ・ペイシェント』アンソニー・ミンゲラ
『許されざる者』クリント・イーストウッド
『羊たちの沈黙』ジョナサン・デミ
『ダンス・ウィズ・ウルブス』ケビン・コスナー
『ラスト・エンペラー』ベルナルド・ベルトリッチ
『愛と哀しみの果て』
『アマデウス』ミロス・フォアマン
『ガンジー』
『普通の人々』ロバート・レットフォード
『クレイマー、クレイマー』
『アニー・ホール』ウディ・アレン
『ゴッドファーザーPARTⅡ』フランシス・フォード・コッポラ
『フレンチ・コネクション』
『パットン大戦車軍団』
『アラビアのロレンス』
『ウエスト・サイド物語』
『アパートの鍵貸します』ビリー・ワイルダー
『ベン・ハー』
『八十日間世界一周』
『イヴの総て』
『カサブランカ』
『風と共に去りぬ』

一応これくらいにしておきます。やっぱり有名なのは多いですけど、アカデミー作品賞を取らずとも名作と言われる作品は多いことを改めて感じました。『ショーシャンクの空に』『タクシー・ドライバー』『時計じかけのオレンジ』などです。

ついでに、僕の観たアカデミー作品賞作品も列記しておきます。

『スラムドッグ$ミリオネア』
『ノーカントリー』
『ディパーテッド』
『ミリオンダラー・ベイビー』
『シカゴ』
『タイタニック』
『ブレイブハート』
『フォレスト・ガンプ』
『シンドラーのリスト』
『レインマン』
『プラトーン』
『ディア・ハンター』
『ロッキー』
『カッコーの巣の上で』
『スティング』
『ゴッドファーザー』

16作品しか観ていませんでした。もっと観るように努めたいです。

今回は、備忘録みたいになってしまいました。

とりあえず、新情報。

『北北西に進路を取れ』(アルフレッド・ヒッチコック監督)と『消されたヘッドライン』(ケヴィン・マクドナルド監督)を観ました。明日あたりには更新しようかと思います。

『アバター』がついに世界記録更新

avatar.jpg


『アバター』ネタがずいぶんと多かったですが、これで終わりになると思います。20億ドル超えたら、また書くかもしれません。

ついに『タイタニック』の記録を抜き、世界一となりました。

そこまで面白くないですけど、やはりすごいです。

一人で、2回も世界記録を作るというのは、ハンパないことです。

ジェームズ・キャメロンの代表作(監督作品のみ)というと、『エイリアン2』『ターミネーター』『ターミネーター2』『トゥルー・ライズ』『タイタニック』『アバター』でしょう。その興行成績を合計すると、40億ドルくらいになります。やっぱり凄いですね。ちなみに、スピルバーグはだいたい80億ドル位になりました。

何度も言っているように、そこまでの作品ではないですけど、エンターテイメント性などに関しては、ずいぶんとすごい作品だと思います。
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。