スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊たちの沈黙

監督:ジョナサン・デミ
出演:ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス

the silence of the lambs

ストーリー
若い女性の皮膚を剥ぎ落とし、その死体を川に流すという残忍な連続猟奇殺人が発生した。

犯人の仮称を冠し“バッファロー・ビル事件”と呼ばれるこれを解決するため、FBI訓練生のクラリスは、クロフォード主任捜査官からある任務を課される。それは、元は天才的な精神科医であり、自分の患者を食したため現在は州立精神病院に措置入院されているレクター博士を訪ね、バッファロー・ビルの精神状態を解明させるというものだった。

クラリスから依頼されたレクターは、その引き換えとしてクラリスに、彼女自身の過去を語らせる。
(wikipediaより)

また、放置していました。すみません。

一言で言うと、凄い作品です。

アカデミー賞を取ったアンソニー・ホプキンスの演技はもとより、ストーリー自体もよくできています。何より、映画から出るパワーが凄かったです。非科学的な話ですけど、ものすごく強いものを感じました。

最初はジョディ・フォスターの訓練シーンから始まります。その辺は平凡ですけど、ジョディ・フォスターが上官に呼ばれてから一気に重くなります。

こちらの方としても、アンソニー・ホプキンスに期待をしているわけですし、一体どうなるのかというジョディ・フォスターとかなり近い感情を持っています。

結局、邂逅してから、アンソニー・ホプキンスに完全に主導権がわたってしまいます。設定上仕方がないのですが、アンソニー・ホプキンスに全員食われてしまいます。

『セブン』のジョン・ドゥーをやっていた人(少しネタバレになるのでこれで勘弁)、『イングロリアス・バスターズ』のクリストフ・ヴァルツ、『ノーカントリー』のハビエル・バルデム、『ダークナイト』のヒース・レジャー同様、その人の映画になってしまっています。

周りがどう頑張ろうとしても、もう主導権は握れません。

アンソニー・ホプキンスのペースで最後まで言ってしまいます。

アンソニー・ホプキンスが演じているハンニバル・レクターというのは、ヒーローというか正義の味方ではありません。が、『ダークナイト』のジョーカー同様、魅力的すぎて、逆に信頼してしまいます。

この混乱も、彼に任せればどうにかなるだろうと思わせてしまうあたりは素晴らしいです。

アカデミー作品賞をはじめ5つアカデミー賞を取りましたが、こういった作品がアカデミー作品賞を取るというのはアメリカの懐の大きさを感じます。

どう考えても、倫理的にまずいと思います。世間的にはどう考えてもおかしい人(劇中でもヤバい人ですが)、が普通にものすごく魅力的に描かれているわけですよ。

ここまでのきわどい人物をアンチヒーローですが、正義の味方のような存在まで昇華したのは凄い腕だと思います。

ハンニバル・レクターというキャラクターのためだけの映画にも見えてしまいます。逆に、そこがいいところでしょう。

ラストあたりのトリックも結構楽しいです。ハンニバル・レクターだからこそのトリックです。普通に考えていてが絶対に思いつけないと思います。

評価:85点
アンソニー・ホプキンスを観るだけも十分でしょう。
スポンサーサイト

井戸端映画談議その6

予告通りコーエン兄弟のお話を。

たまに、「井戸端映画談議」とかいうのを更新するのは手持ちのネタがなくとも、適当に映画の話をすれば埋まりますんで、効率がいいんです。

てな訳で、コーエン兄弟のはなし。

僕が最初に観たのは『バーン・アフター・リーディング』です。いきなり、あれを観るのはきついと今ならわかりますが、最初は広告に騙されて観ました。

「アカデミー賞受賞監督の作品」「ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニーが怪演」とかです。

それならということで、行ったんですけど、一見さんお断りでした。

あの映画はクソだと思っていました。

が、あれはコーエン節が炸裂していたのだとわかる映画を観ました。

それは『ファーゴ』です。

『ファーゴ』と言えば、田舎のアホたちの繰り広げる誘拐劇ですけど、あれのウィリアム・H・メイシーのようなものが生かされていたのだとわかるにはいきなり『バーン・アフター・リ-ディング』はきつすぎました。

今でこそ、コーエン兄弟は僕の好きな監督の一人(二人?)ですけど、映画初心者には到底進められませんね。

コーエン兄弟をはじめとする映画作家たちの作品はやはり面白いですよね。

ブロックバスター映画(『トランスフォーマー』『アルマゲドン』『アバター』など)もいいですけど、僕は作家性の発揮される作品の方が好きです。

僕の好きな監督を挙げると、クエンティン・タランティーノ、ポール・トーマス・アンダーソン、コーエン兄弟、クリント・イーストウッド、リドリー・スコット、ブライアン・デ・パルマ、そして、スタンリー・キューブリックです。

どう見ても、メジャーな人ばかりです。世間的というよりも、映画ファンのなかでメジャーということです。

学校の友達に彼らの名前を言っても、みんな知らないというでしょう。

彼らの作品は、だいたい癖のあるものです。そこが僕の好きなところです。

工業製品みたいな作品を家でDVDで観ては面白くないですから(もちろん面白いですよ)、やっぱり作家性の発揮された作品を好むようになります。

毎回借りなくとも、ちょくちょく借りています。

タランティーノの『パルプ・フィクション』、コーエン兄弟の『ノーカントリー』、スタンリー・キューブリックの『時計じかけのオレンジ』、クリント・イーストウッドの『硫黄島からの手紙』『グラントリノ』は何度でも観たいです。

あと、お笑い芸人の松本人志のやっていた映画評論が僕は嫌いです。

彼の評論(感想文ですけど)がいかにひどいかについて書かせてもらいます。

そもそも、映画評論になっていません。本屋で映画評論の帯がついていましたが、じっくり読むと感想文の集合たいでした。

具体的には『ノーカントリー』がひどいです。

「アカデミー賞だけどそんなによくない」と言っています。これは、僕も思うことはあるので問題ないです。その後に、理由が書かれないのは大問題だともいますが。

それ以上におかしいのは、「僕が最後まで観られたので、いい映画じゃないんでしょうか」と言う感じの文です。尚、これは引用ではなく、頭にある状態で書いているので、本物とは若干違います。

いい映画を見極める根拠が自分が最後まで観れるか観れないかだって?映画評論で金もらうのやめてほしいです。もうやめたのかもしれませんが、全く理由になっていないです。

『ノーカントリー』は結構好きな映画でもあるので、松本人志に会ったら蹴りを入れたいと思いました。

ほかにも、『グリーン・マイル』。「お涙ちょうだい」とか、ふざけんなよ。

スピルバーグが「4回泣いた」とコメントしたのは、僕もどうかと思いましたが、『グリーン・マイル』が、お涙ちょうだいって一体何を3時間観ていたのでしょうか。

最初の2時間30分は感動の話ですけど、ラストの30分は正直言ってホラーです。ネタバレになりますが、最後に、「私のグリーンマイルは長すぎます」という、トム・ハンクスの言葉に、僕はある種の恐怖を覚えました。

トム・ハンクスは自分の仕事をこなしただけなのに、あそこまでの仕打ち(人よりもはるかに長く生きる)を受けるというのは不条理です。松本人志は一番重要なラストで何をしていたんでしょうか。

ほかにも、『マグノリア』。

「この映画のオチがわかる人はたぶん頭の悪い人でしょう」、僕は頭が悪いと認定されました。

この映画は2回観ましたが、1度目はよくわかりませんでした。しかし、2回目は素晴らしいと思いました。

なぜかというと、まず冒頭のエピソードがあらわしているものです。「偶然とは言い切れないならいったい何なのか」というのがほとんど映画の内容です。人生は本当に不条理です。

ラストのあっと驚くオチなんですけど、あれは一見意味不明ですけど、登場人物全員に影響を及ぼします。今までの積み重ねを観ていればわかると思います。

「過去はいつまでも追ってくる」、これが一番のキーワードです。

僕も1回目はわからなかったので、大きいことは言えませんが、あの文章は完全に観終わった後「意味わかんねー」ということで、適当に書いただけにしか思えませんでした。

極めつけは、「3時間もかけたんだから、監督には何か意図があると勘違いして賞をもらった」とかホントね怒りがこみ上げてきました。

『ファイト・クラブ』では、「後半は疲れちゃったんだねと監督に言いたい」ですって。ほんと、ライターで燃やしたくなりますよ。どこで疲れているのかさっぱりわかりません。

あの映画は、最初のオープニングからラストシーンまで最高の映画でしょう。しかもオチまで素晴らしいですから、文句なしと言っても過言ではないと思います。今度また観て、評論書きます。

そして、『プライベート・ライアン』。僕はこの作品は『ブラック・ホーク・ダウン』以上の戦争映画の名作だと思っています。

「『プライベート・ライアン』は期待値が高くて肩透かしだった」らしいんですけど、僕は期待値もものすごく高かったのに、それをはるかに超える作品だと思いました。

そのへんは、人の好みなんで別にどうでもいいです。ただ、あれが『プライベート・ライアン』があんまりよくないって、戦争映画が嫌いとしか思えないです。

そして、『アメリカン・ビューティー』。「脚本が面白くない」「アカデミー賞5冠で1800円払って観たら星5つ」とか、ふざけんなよ。

あれは最高に面白いでしょう。あれが楽しめないのは、作家性のある作品は本当に観れないですね。だから、ポール・トーマス・アンダーソンを酷評するんですね。

そして、これはテレビですけど、『ダークナイト』は一ミリも面白くなかったらしいです。

品川庄司の品川が『ダークナイト』を紹介しているときに、そういったんですけど、そんなにつまらないとは思えないです。というか、普通に面白いでしょう。ジョーカーの考察とかしなくても普通に楽しめると僕は思っています。

そんで、品川のほめるところも、「トラックが倒れるところ」なんですけど、そこ以外に褒めるところは山ほどあるでしょう。ジョーカーが病院を爆破して、看護婦の服を着て歩いているところとか。

2人とも嫌いになりました。

松本人志は芸人としてはかなり面白いと思いますが、映画評論家というか映画感想家としては最低です。僕がゴーストライターとして書いた方がまだましです。

僕の好きな映画を酷評するのは構わないのです。ただ、どうしてひどいのかがわからないと、納得できないんです。つまらないからつまらない、というような言葉ではなく、設定のここがおかしいなどとちゃんとしたツッコミでないと僕は納得できません。

まあ、彼の意見は参考にしないので全く問題はありませんが。あと、彼の監督としての仕事ぶりは全く知りません。つまらなそうなので、観ていません。

『マグノリア』は時間の無駄らしいですが、そんなこと言うなら映画なんか観るなよ。ということで、僕は彼の作品はあまり観たくないです。

彼の作品は「天才の考えることは凡人にはわからない」ということで、評価されていることもあるらしいです。普通に面白いのなら問題ないです。しかし、退屈だからその裏には何かあると推測するのは勝手ですけど、今まで観てきた映画で理解しきれない映画ってそこまでなかったですよ。

マックスで『マグノリア』をはじめとする、ポール・トーマス・アンダーソンの作品です。『パンチドランク・ラブ』がまだわからないです。あと、『シャイニング』の怖さがわからないです。ジャック・ニコルソンはやばすぎますが。

今回は怒りにまかせて結構な量を書きました。一応、全部出せたのでよかったです。

現代文予習「日本の四季」

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

井戸端映画談議その5

スタンリー・キューブリックっているじゃないですか。知らない人は映画ファンとは呼べないというくらい有名な監督です。作品名はいちいち挙げません。

彼の『シャイニング』を少し前に観たのですが、あの映画ってどっかの研究機関が世界一怖い映画だと認定したらしいんですけど、僕、全然怖くなかったんです。

いつ怖くなるのかな?と思って見ていると、気付いたら終わっていました。

僕は映画を観る目があまりないので、『マグノリア』や『ファイト・クラブ』のよさが最初は全然わかりませんでした。

その体で、『シャイニング』の怖さも意味がわからなかったです。

しかし、怖くないということはあり得ないです。というのも、キューブリックは他人とは違った天才的な作品の作り方をします。『2001年宇宙の旅』なんて、町山さんの本を読まないと絶対に僕はわかりません。『時計じかけのオレンジ』はかろうじてわかりました。

そんなキューブリックが作っているわけですから、見かけの怖さだけで語れる映画ではないと思っています。どうやったら怖いのか考えてみようと思います。暇なときは考えているんですけどね。

怖さでいったら、『死霊のはらわた』の方が怖かったです。怖いというよりも、びっくりしたという方が性格泣きもしました。

ポール・トーマス・アンダーソンって、キューブリックとは違いますけど、映画ファンならみんな知っている監督ですよね。彼もアカデミー監督賞を撮っていないんですけど、彼の作品もまた難しいと思います。

初めて観たPTAの作品は『マグノリア』です。最初は3時間もある退屈な映画だと持っていました。しかし、昨日見返してみたら、意外と面白いではないですか。

僕はよさに全然気づいていなかったです。あのオチにはちゃんと意味があったんですね。ちゃんとした評論はまた今度書きますけど、よく観てみるとしっかりしたドラマになっているんですね。

PTAの作品はほかに『パンチドランク・ラブ』と『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』を観ました。

僕は観た3作品の中では、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』が一番好きです。最後のシーンは爆笑ものですしね。爆笑するところではありませんが、あそこまでやられると笑うしかありません。

あのシーンのためだけにあの映画はあるようなものだと思います。

『パンチドランク・ラブ』は監督と俳優で観るのを決めたんですけど、いまいち理解できませんでした。

まあ面白いけど、カンヌで監督賞をとった理由は何なのかわからないです。いずれわかるようになると思いますけど、普通の恋愛ものにしか見えなかったです。

やっぱり僕は映画を観る目がないです。

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』は結構わかりやすかったです。ほかの2作に比べたらですけどね。

あとは『ブギーナイツ』を観たいです。マーク・ウォールバーグが結構好きなんで、早く観たいです。マーク・ウォールバーグの出ている、『ディパーテッド』もまた観たいです。

映画ファン初期のころに似たので、面白いなというような感想しかもっていなかったので、今度はちゃんと観て、マーティン・スコセッシのよさを味わいたいです。

『シャッター・アイランド』以降、スコセッシの作品はまだ観ていないです。試験が終わり次第観ようと思います。

でもそれ以上に観たいのは、フランスの『IQ=0/ザ・カンニング』です。カンニングで試験を切りぬける話です。後は、コーエン兄弟の『ビッグ・リボウスキ』が観たいです。後者はカルトの名作として名高いです。

次回は、コーエン兄弟について書きます。ほかは未定です。

井戸端映画談議その4

久しぶりの更新になりました。

予告した通り、映画音楽関連の話を書こうと思います。

僕が映画好きになったのは、ごく最近のことです。なので、俳優、監督、作品名あたりを覚えまくったわけですけど、脚本家、プロデューサー、作曲家と言ったところはまだまだ抑えていません。

最近はそちらにも手が回るようになりました。

まだまだ全体数はすくないですけど、今回は作曲家についてです。

映画好きになった当初、知っていたのは坂本龍一くらいでした。海外の作曲家は全く知りませんでした。

映画好きになってからいくらか知識を詰め込みましたが、まだまだなのですが、今のところ知っている知識を総動員しか書きます。

ジョン・ウィリアムズは有名すぎるんで、書きません。『スターウォーズ』『ジョーズ』『インディ・ジョーンズ』のテーマ曲などで有名ということで次に行きます。

その次にまともに覚えたのは、エンニオ・モリコーネです。タランティーノの『イングロリアス・バスターズ』のパンフレットで言及されていたんで、覚えました。変な名前と当初は思いましたが、今思うといい響きの名前ですよね。

そんで、最近まともに覚えたのは、ハンス・ジマーです。知らねえのかよ、と思われるかもしれませんが、一般の人は知らないです。

ハンス・ジマーっていろんなところで見かけるんでどんな映画にかかわっているのか調べたら、たくさんありました。

『レインマン』『ブラック・ホーク・ダウン』『天使と悪魔』『ダ・ヴィンチ・コード』『ダークナイト』『シャーロック・ホームズ』『バックドラフト』『グラディエーター』『ラストサムライ』など枚挙に暇がありません。

これらの中から個人的に好きな曲を3つ貼り付けておきます。特に、『ブラック・ホーク・ダウン』のが好きです。最初はそうでもなかったのですが、何度か聞いているうちに好きになりました。







『ダ・ヴィンチ・コード』とかは面白いですけどほとんど中身のない作品でしたけど、音楽は最高でした。続編の『天使と悪魔』も小説をしっかり読んでから観に行ったのですが、小説の方が中身がありました。

ロン・ハワードの作品って基本的に中身がないですよね。『ビューティフル・マインド』とか全く感動しませんでした。単なる頭のおかしい数学者のはなしですからね。『レインマン』のような障害ではなく、病気ですからね。

ロン・ハワードはアカデミー監督賞をもらってますけど、ほかの4人の方がふさわしいと思います。

デヴィッド・リンチ(『マルホランド・ドライブ』)、ピーター・ジャクソン(『ロード・オブ・ザ・リング』)、リドリー・スコット(『ブラック・ホーク・ダウン』)、ロバート・アルトマン(『ゴスフォード・パーク』)の4人です。

結局この中でアカデミー監督賞をもらったのは、ピーター・ジャクソンだけですもんね。

ロン・ハワードは娯楽作品的にはいい職人監督ですけど、アカデミー監督賞をあげるような監督には思えません。

話だいぶそれましたが、ハンス・ジマーっていいですね。

あと、ダニー・エルフマンも好きです。『スパイダーマン』のテーマとか結構好きです。



エンニオ・モリコーネは『アンタッチャブル』のテーマが好きです。



まだまだ全然詳しくないので、凄く一般的なものしか上げられませんが、これから少しずつ知識を広げていくつもりです。
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。