スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ・コード

監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス、ジャン・レノ他

「天使と悪魔」の予習としてDVDでですが、観ました。監督は同じロン・ハワードなので撮り方も似ているのか考えながら見ました。「天使と悪魔」はきょう公開です。早く観にいきたいのですが、試験があるのでそちらが先決です。

ストーリー
ルーヴル美術館で館長のジャック・ソニエールが殺される。死体はダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」を模した形で発見された。この奇妙な死に方はソニエール自身が行ったものであった。

パリの書店で著書のサイン会を行っていたハーバード大学の教授ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、フランス警察のベズ・ファーシュ警部に呼び出され、捜査協力を求められる。現場で警部と共に検証を行った彼の元に暗号解読官のソフィー・ヌヴーがやってくる。警部の目を盗み彼をトイレへと呼び出した彼女は、ロバートが容疑者で彼を逮捕する気であることを伝える。ソニエールと会う約束をしていたから、そして現場に彼の名が残されていたからである。

ロバートとソフィーは旧友のリーを訪れ、ダ・ヴィンチが描いた「最後の晩餐」には、イエス・キリストはマグダラのマリアと結婚しており、磔にされた時、彼女はキリストの子供を身ごもっていた、という暗号(コード)が含まれている事を聞かされる。
(wikipediaより引用)

この映画は友達が面白いと言っていたので、劇場に観にいこうかと思っていましたが、小説が先だと思い、「ダ・ヴィンチ・コード」を読み切ってから行こうと思ったのですが、つまらなくて3ページくらいでやめてしまいました。

映画の中身も、思ったほどではありませんでした。確かに、なぞ解きは面白かったのですが、そこまで展開が面白くありませんでした。

「天使と悪魔」の広告で、「ダ・ヴィンチ・コード」よりも面白いという内容のものがありましたが、おそらくそうです。「天使と悪魔」の小説は読みましたが、「ダ・ヴィンチ・コード」よりも食い入るように読めました。

作品としては、よく調べ上げているなと思いましたが、観客を飽きさせない工夫があまり見つかりませんでした。ラストも少し微妙でした。確かに衝撃的ですが、なんだかなというところです。

ただ、宗教とかその辺の話が好きなら楽しめそうです。先を予測しながら観ると結構面白いです。予測が当たってしまい、逆にがっかりしました。

「天使と悪魔」に期待します。

評価:70点 なぞ解きは面白いです

ダ・ヴィンチ・コード 予告


天使と悪魔 予告

スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。