スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レインマン

監督:バリー・レヴィンソン
出演:ダスティン・ホフマン、トム・クルーズ他

ストーリー
高級車のディーラーをしているチャーリー(トム・クルーズ)のもとに父の訃報が届く。遺産目当てに故郷にかえったチャーリーは遺産のすべてが、会ったこともない自閉症の兄レイモンド(ダスティン・ホフマン)のものになると知る。遺産を手に入れようと、チャーリーはレイモンドが入所している施設から強引にレイモンドを連れ出し、ロスに戻ろうとするのだが・・・
(wikipediaより引用)

ダスティン・ホフマンがアカデミー主演男優賞を取った作品です。ダスティン・ホフマンを映画で観たのは初めてでした。いままで、ダスティン・ホフマンの演技はすごいということを聞いていましたが、確かにすばらしいものでした。オスカーというのも納得です。

トム・クルーズは当時26歳くらいです。トップガンでスターの仲間入りをしたとはいえ、まだまだ若造です。私はもっと若造ですけど。

ダスティン・ホフマンの演技を見てしまうと、トム・クルーズの演技はまだまだ洗礼されていないと感じてしまいます。全体的に仕上がりが荒いです。ですが、ストーリーがしっかりしているのでそこまで気にはならないと思います。

主人公レイモンドは自閉症ということでチャーリーと離れて育っていたのですが、本来はとても優しい人です。そこで、金を目的にチャーリーが現れるのですが、はじめの出会いのシーンは面白かったです。ダスティン・ホフマンはぱっと見ると変人を演じているようですが、本当にクオリティーが高いです。彼がいたからこそうまい具合に仕上がったのだと思います。「イエスマン」にジム・キャリーが出たから作品としてうまくいったということと似ています。

ダスティン・ホフマン単体に注目して映画を観ると感動的ですが、トム・クルーズが入るとちょっとなという感じです。「ワルキューレ」ではかなりいい演技になっていたと思います。

私はトム・クルーズは比較的好きな俳優に入りますがこの作品では非難をしたくなります。そこは仕方ないと言えば仕方無いのですが。

ストーリーとしては結構単調です。ですが、レイモンドの起こす行動が普通の人はやらない行動ばかりというのは結構楽しめます。だれも死なないし、大きな事件も起きません。刺激はほとんどないと言えばありません。しかし、事件だけで映画が出来上がるよりははるかにましです。しっかりとした題材が決まっているのでそこを味わえれば十分です。

始めの30分くらいはいい感じですが、真ん中の1時間くらいは少し長く感じました。終わる時にはちょっと疲れたなと感じてしまいました。車で街に変える間は観るのが少しおっくうでした。

評価:80点 ダスティン・ホフマンは素晴らしいです

予告


アクセスが600を突破しました。ありがとうございます。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。