スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

007慰めの報酬 2回目

監督:マーク・フォースター
主演:ダニエル・クレイグ

前作「カジノロワイヤル」で愛する女性ヴェスパーを殺されたボンドが、その復讐のために戦うというストーリーです。

今年の初めのあたりにも、劇場で観ましたが、ネット上で観れるということなので、久しぶりに見てみました。劇場では、眠くなったシーンがいくつかあったのですが、家で観ても同じシーンで眠くなってしましました。戦闘シーンなのになぜでしょうか?

画質が悪く、人の顔がうまく判別できなくて困りました。前の記憶も結構残っており、次の展開が読めてしまったのが残念です。ふだんのもの覚えは悪いのに、こういう場面ではなぜか記憶力がアップします。

007シリーズは、数十年と続く作品ですが、少し前の作品(私の見た限りですが)はコメディ風であるのがほとんどでした。アクションとラブロマンスが融合した映画でした。しかし、6代目ボンドのダニエル・クレイグになってから、シリアス化しました。私は、今の方がいいとおもいます。もちろん、前のは前ので好きです。ただ、ストーリーがかぶります。タイトルから、これはどんな作品かわからないのが難点です。

今の状態になって、気軽には観れる作品ではなくなりました。そのあたりが私の好きなところなのですが。

今作は、アクションが本当に多いです。一部眠たくなってしまいますが、ジェットコースタームービーです。中身はほとんどないですが。適当に見ても一応は楽しめます。どう考えても、わからないところは無視しないとやってられません。一部、謎が解明されない気がしますが、そこら辺は無視したほうが賢明です。

007は確かに面白いですが、最近の作品は少しくらいです。「ボーンアイデンティティー」などと少し似ています。

脚本のポール・ハギスという人がいるのですが、彼は本当にすごいです。「ミリオンダラー・ベイビー」「007カジノロワイヤル」「ターミネーター4」などの脚本を手掛けています。この人の脚本を書いた作品はかなりの確率で当たっています。

ダニエル・クレイグって、1968年生まれで今年で、41歳なんですね。もっと若く見えますよね。まだまだ若々しいですね。ダニエル・クレイグ版の「007」はまだ2作あるらしいので、とても楽しみです。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。