スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1Q84 BOOK1

1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る

やっと読み切りました。といってもまだBOOK1だけですけど。学校の行き帰りだけしか読んでいないので、1か月かかってしまいました。ですが、私が初めて読み終えた村上春樹の長編小説になりました。「風の歌を聴け」も意味がわからなかったのですが、一応は読み切りました。ただ長編は読めませんでした。

「ノルウェイの森」「ダンス・ダンス・ダンス」「海辺のカフカ」は全部途中で放り出してしまいました。村上ワールドが理解できなかったからなのでしょうか。今なら、理解できるという自信はありませんが、今作は今までとは違った感じで読みやすかったような気がしました。

主人公は、青豆(あおまめ)と天吾(てんご)のふたり、とはいうものの一つのストーリーに出てくるのではなく、二つの異なるストーリーが並行して進んでいきます。二人が出会うことはBOOK1にはありませんでした。過去の記憶の中ではあったようですが。

青豆は、表向きはインストラクターで裏の顔は殺し屋です。天吾は作家志望の予備校講師、科目は数学という設定です。

おおざっぱなストーリーとしては、DVと左翼集団のカルト宗教化です。2つともある種の禁忌みたいなもののような気もします。ただ、2つに共通することは、「さきがけ」という宗教法人が絡んでくることです。また、敵はわかっているのにはっきりとした形ではどんな的なのかもわかりません。

途中なので、全貌は把握できませんが、舞台設定の位置づけととらえるのがいいかと思います。

村上春樹の小説は大きな事件が起きて主人公が、というような形ではなく、主人公の心情を中心に進めていくというようなイメージがあります。

今作では、パラレルワールドのうようなものが展開されています。1Q84と1984年似てはいますが、ことなるもののようです。

最初にこの小説を知ったとき、当然のようにIQ84(知能指数84)と間違えました。周りの友人で正しくタイトルが言えたのは、皆無でした。また、発売時まで内容が一切わからなかったというのも、うまい商法だとも思います。

あの村上春樹が書いたということだけで、一般読者(もちろん私もそうです)に期待をさせるのは村上春樹だからこそできる芸当だともいえます。本の裏表紙にも、一切内容が書かれていないので、はじめは手探りの状態でした。私は、周辺情報を集めまくってから、本題に入るのが好きなのですが。

分量としては結構多く、約550ページありました。1か月で読んだので、1日当たり十数ページというところでしょうか。急いで読むものではないと思います。ゆっくり内容をかみしめながら読むといいと思います。

村上小説の共通点はそんな所にあるのかもしれません。ゆっくり読んで、味わうのが一番良さそうです。小説に速読はあまり向きそうにないですね。私は、電車の中でしか読まないので、長い小説は読むのが大変です。これからは、家でじっくり読もうかと思いました。前に「天使と悪魔」は家でじっくり、といってもかなりのハイスピードで読みましたけど。

次はBOOK2です。また1か月かかってしまうのでしょうか。司馬遼太郎の「国盗り物語」は4巻を1週間で読み終えましたので、不可能ではなさそうですが。

今年は、昨年に比べるとあまり本を読んでないです。やはり乱読の方がいいのでしょうか。

それでは。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。