スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリーポッターと謎のプリンス

原作:J・K・ローリング
出演;ダニエル・ラドクリフ

『ハリーポッター』シリーズの6作目です。僕は、『炎のゴブレット』以外は全部劇場で観ました。幼いころは結構面白いと感じていましたが、最近は「どうでもいい」作品になりました。というのも、自分の問題としても考えられないからです。

僕は、映画を自分の立場にして考えてしまいます。『マトリックス』について真剣に考えすぎて気分が悪くなったこともあります。もちろんSFやファンタジーも観るのですが、シュール過ぎて僕には身近に感じられないのです。原因はそれだけではないですが、最近は観るのも面倒になりました。

と言いつつも友人に誘われたので観にいきました。

今作を一言で言うと「つまらない」です。内容的にも前に比べて重くなってきました。最近の『007』みたいな感じです。重いのはいいのですが、一部笑いのシーンを挟んでいます。僕はそれを笑うことができませんでした。だって、僕にはつまらないのですから。

路線を変えてきたのかもしれませんが、変えるなら中途半端に変えるのはやめた方がいいと思います。商業的に成功しなくてはならないのでしょうが、作品としては前の分には勝てないと思います。

それに長いです。150分はあったと思います。僕は90分あたりから飽きてきました。観るのが面倒でしたが、とりあえず観ました。作品は通して観るものですから。

今作は今までの『ハリーポッター』ブランドだけでやっている気がします。一般の人が面白いといったとしても、僕には納得できませんでした。僕の期待を大いに裏切ってくれました。

『ハリーポッター』は僕の中では終わりました。リュック・ベッソンの方が数段上だと思います。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。