スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュンヘン

監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、マチュー・アマルリック
ミュンヘン2

1972年9月5日、ミュンヘンオリンピックの開催中、「黒い九月」に所属するテロリスト8名がオリンピック村を襲撃、イスラエル選手団11名を殺害した。これに激怒したイスラエル政府は報復としてテロの首謀者達とされる11名のパレスチナ人を暗殺する任務をアヴナー達に託した。アヴナーらは11人の標的を次々と消していくが……。
(wikipedia)

いや~長かったですよ。3時間近くあったので、午前中が簡単に潰れました。それでもおもしろければいいですけど、思ったほど面白くなかったです。アクション系なので描写は少しグロいところもありましたが僕は『プライベート・ライアン』の方がよかったなあと思いました。

主人公をエリック・バナが演じています。金城武に顔が似ている気がしました。少し弱そうなところが主人公を表しているのだと思いますけど。

題材になったのはミュンヘンオリンピック事件らしいのですけど、この映画を知るまでは僕はこのことを知りませんでした。まあ、みんな知らなかったと思いますけど。

一応政治的なものを扱ってますから、いろいろと批判はされるでしょうけど、この映画はいろいろと叩かれたらしいですね。スピルバーグの立場がよくわからないということらしいです。それと、スピルバーグはユダヤ人らしいです。

あと、ダニエル・クレイグがスティーヴという役で出ているます。車のプロという設定なんですけど、車でドライビングテクニックを見せるシーンがなかったです。終わってから「おいおい!」みたいな気分になりました。やはり『007』のボンドでないと、車で魅せないのでしょうか。

この映画は一応戦争映画になるのだと思いますけど、立場が一方的だった気がします。たいていの戦争映画は敵味方を映画いて戦争をある意味批判するのですけど、この映画にはなかったかなと思いました。予告編では「真の平和とは」と出ていたのでそこは描けていない気もしました。あくまでも主人公アヴナーの苦悩を描くところでおわってたかなと思います。

久しぶりに点数をつけると60点くらいですかね。
スポンサーサイト

comment

Secret

返信遅れてごめんなさい。

こんばんわー。
茶栗鼠です。
ちょっと、茶栗鼠のとこにリンク張らせろよ、ということですが、有難いお話です。
どうぞ自由にしてください。
ですが、相互リンクとなると、チャットで同席してお友達になったりとかがあればうれしいです。

っていうか、今リンクしてる人でリンク消したいけど、チャット開いたら来る人いるんで外せない、みたいなドロ沼状態の人もいるので、ついつい慎重になって・・・・・(ブログを開くたび、リンク棚から外したくなる栗鼠)。
リンクの件、お願いしますね!

Re: 返信遅れてごめんなさい。

コメントありがとうございます。
さっそくリンクを張らせていただきます。
これからも更新を楽しみにしています
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。