スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反社会学講座

このブログは一応本の紹介も兼ねているのですけど、最近は本を紹介することもめっきり減りました。映画を観ているからだと思うんですけどね。久しぶりに本の紹介をしたいと思います。

反社会学講座 (ちくま文庫)反社会学講座 (ちくま文庫)
(2007/07)
パオロ マッツァリーノ

商品詳細を見る


タイトルが面白そうなのと、帯に「つまらない学問は罪である」と書いてあり面白そうだなと思ったので、買いました。

著者のプロフィールを読んでもいったい何者なのかわからないです。土屋賢二と似た印象を受けました。

で、内容はというと、タイトルの通り社会学に反旗を翻したような本です。社会学はだめだということをいろんな角度から説いた本というかんじです。辛辣な表現が多いですね。

社会学って面白そうだと思っていた矢先その社会学を否定するような本が出てきたので、新たに興味を抱きました。ビジネス書みたいに字も大きいわけではないし、400ページちかくあって、薄いわけでもないのに、読むのが嫌にならないです。書いてあることもすっと頭に入ってきます。

社会学的な考察は、本人の変な考え方が入り込むというのは新鮮でした。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。