スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょいデキ!

ちょいデキ! (文春新書)ちょいデキ! (文春新書)
(2007/09)
青野 慶久

商品詳細を見る

この本は、このまえブックオフに行ったとき100円コーナーにあって面白そうだと思い買ったものです。僕は、当たり前のことが当たり前にできないので読んでおいたほうがいいかと思い買って読みました。

新書ですけど、比較的読みやすいです。学術的なことが書かれているわけではなくハウツー本なのですぐに読めます。30分くらいで読みました。もっと短く読めるとも思いますけど。

内容は、小さなことをできるようにする。という感じです。シンプルなことでも毎回正しく実行できれば成果は出ますからね。かといって、根性論ではないです。根性のない人が続けるにはどうするかという感じのことに触れています。

気になったことをいくつか書きたいと思います。

目標は大きすぎではないか?
達成のできない大きな目標よりも、身近な目標を一つづつクリアしていく方がいいということです。目標が遠すぎて何をするのかわからなくなるよりも、細分化していますることに集中したほうがわかりやすいですからね。

裏技は反則だと思っていないか?
これは僕にも当てはまりますけど、裏技はどんどん使った方がいいです。宿題だって、まじめにやったら、膨大な時間がかかりますので、要領よくこなす方が得策です。

本を全部読んでいないか?
無駄なものには時間を割くなということです。ただ、これはビジネス書の方に当てはまるものです。ハイデガーの『存在と時間』を飛ばして読んでも理解できるはずがないですからね。つまらない小説とかなら僕はいいと思おいますけど。

こんな感じの小さいけれどもできていなさそうなことが多く書かれています。一つ一つ実行していくといいと思います。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。