スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20世紀少年 最終章

201.jpg
監督:堤幸彦
原作:浦沢直樹、長崎尚志
出演:唐沢寿明、豊川悦司

第一章を最初に観たとき、これはひどいと正直思いました。観たくないけれど、観ないのも嫌だし後悔しそうなので結局全部観ました。日テレにはめられたのでしょうか。

僕は、基本的に邦画は見ないのですがこの作品はとりあえず話題作なので、観ることにしました。

本格科学冒険映画ということなのですが、覚えづらく歯切れも悪いし、本格化どうかも疑わしいと思います。というか、僕はこの作品をはじめはギャグ漫画だと思っていました。タイトルだけ聞いた時は、バカボンとかみたいなものだと思っていました。

内容は正直どうでもいいかんじです。場面が飛びまくって何が何だかわからなかった一作目に比べて、三作目はまあ観やすくなりました。個人的には、二作目が一番いいと思います。
20.jpg
邦画が最近はよくなったとか言われているのですけど、それは本当ですか。企業が適当なことを言っているだけにしか思えません。そういった裏の話はここらで終わらせましょう。

この作品の突っ込みどころ(ネタばれ含む)
トモダチのかぶってるやつ。まず、前が見えないでしょ。それに声がこもってそんなに本物の声と違うんですか。

オッチョが上ってるロープ。どうやってあれを引っかけたんですか。もしも最初からあったら、東京はどんなセキュリティーしているんですか。

ケンヂが生きていること。あんな爆発で生きているのが不思議です。

前半のあたりで、トモダチが誰かわかること。声でばれます。僕は奴だと一瞬で分かりました。名前が違いましたけど。

エンドロールのあと。ケンジが仮想空間に行って、昔の罪滅ぼしをしても何も変わらないじゃないですか。

以上、僕の思った突っ込みでした。とりあえず観たかったということで観ただけです。突っ込みを考えながら観ると面白いです。もしも、この映画のファンの人が観ていたらすみません。あくまでも僕一人の意見です。

40点くらいが妥当でしょう。面白い、感動したという感想は一切ないです。というより、長えよ!早く終われ!と思っていました。

次は『サブウェイ123激突』か『ナイトミュージアム2』を観たいです。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DS トモダチコレクション

DS トモダチコレクションの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「DS トモダチコレクション」へ!

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。