スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝ながら学べる構造主義

寝ながら学べる構造主義 (文春新書)寝ながら学べる構造主義 (文春新書)
(2002/06)
内田 樹

商品詳細を見る

お久しぶりの書評。映画も観てはいるのだが、書くのがおっくうなのですぐに終わりそうな書評にします。映画はちょっと待ってね。

構造主義とはいったい何なのか知りたいと思ったのは、おそらく昨年あたりだと思う。そこで、哲学入門みたいな本を読んだのだがいまいちわからなかった。で、何かいいのがないかと思って探したところ、この本が見つかった。

国語とかでもソシュールの記号論ぽい話が出てくるしこれはとりあえず知ったほうがいいと思ったので、早急に読んだ。とは言っても、結構かかってしまいましたけど。

タイトルが『寝ながら学べる~』とあるだけに、非常にわかりやすい。抽象的なことも日常的な話に落とし込んでくれるのでありがたい。構造主義の入門としては最適だと思う。

内容云々をここで書いても意味はないと思う。というのも、この本を読んで構造主義の初歩を体系的に学んだ方が、僕のわけのわからない話よりもためになるからだ。

前々から僕自身の考えていたことがほとんど載っていた。しょせん僕の考えることなんて昔からあったのだと改めて感じた。しかし、少しはわかることなので読むのに無駄ではなかった。

学校の読書感想文もどうでもいい小説を読ませるよりもこの本を読ませた方が現代文ができるようになると僕は思う。ゆっくりでもいいので、進んでいくのはためになると思おう。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。