スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブウェイ123 激突

監督:トニー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ

SAKUHIN007181_1.jpg

ストーリー
地下鉄のことなら、すべてを熟知しているガーバーは、犯人は逃げ切れないはずだと確信を持っていた。しかし、圧倒的な自信で次々に要求を重ねるライダー。ガーバーは交渉を進める中、さまざま疑問を抱いていく-なぜ、1000万ドルなのか? なぜ、1車両だけなのか? なぜ、59分なのか? なぜ、市長なのか? なぜ、自分なのか? 本当の狙いとは?犯人が仕組んだ完璧なシナリオ通りに「事件」は動き始めるが――。
(TOHOシネマズ)

結構話題になったこの作品。タイトルに『激突』という言葉が付いているのにもかかわらず、CMなどの予告でも音読されたことがないのが謎です。

2大スターの出演というのは大きいですね。トニー・スコットというとリドリー・スコットの弟という印象が一番強いですけど、トニー・スコットも結構な監督なんですね。『トップガン』とかの監督です。

この映画はアクションというよりも頭脳型の映画です。ジョン・トラボルタの相手をバカにするような態度が僕的に好きです。この先はこうだろうとある程度予測はつきましたが、それでも面白いです。

ネタばれをしてもそこまで問題のない作品だと思いますが、そこはスルーします。

映画の最初でプロローグ的なところで、名前が出るシーンがあるのですけど、映像が僕的には面倒でした。演出なのでしょうけど、奇をてらわない方が僕は好きです。

そこまで特に書くことのない映画です。娯楽作ですので、面白ければいいと思います。120分を切っているのでそこまでどっしりと観る必要のない映画です。

GALLERY007181_1.jpg

それにしても2人ともかっこよかったです。ある意味運命で結ばれた関係のようにも思えます。結構よくできたストーリー構成です。

あと『トランスフォーマー』のジョン・タトゥーロが出ているのが個人的にはうれしかったです。今回はまじめな役柄でしたけど。

ジョン・タトゥーロ
w504102-view.jpg

個人的に最も嬉しかったのがクエンティン・タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』の予告が見れたことです。あと2か月待ち遠しいです。公開は11月20日です。

採点:70~75点。総合的にみるとこんなところだと思います。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。