スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マックス・ペイン

監督:ジョン・ムーア
出演:マーク・ウォールバーグ、オルガ・キュリレンコ

b286f1c8a6ce222c4205bb58b6917f8d.jpg

ストーリー
殺人課の刑事マックスは最愛の妻子を何者かに殺される。犯人の内2人はその場で射殺しかし残りの数名は逃走。 「あと10分早ければ。」 そんな言葉が苦しみと犯人達に対する憎悪として残る。 数年後、「殺人課」から「未解決事件班」に移り犯人達をたった一人孤独に捜査し続けるマックスはある晩地下鉄のホームでジャンキー達からある言葉を聞く。それは「翼を持つ男」という言葉だった。 裏社会の社交場での聞き込みで「ナターシャ」という女性に会いナターシャは何かを知っていると考えたマックスは、ナターシャを自宅に連れ込み問いただそうとする。しかしナターシャからは誘惑しかかえってこずマックスはナターシャを自宅から追い出す。その晩ナターシャは何者かに惨殺される。 翌朝、マックスは元同僚の「アレックス」からナターシャが死亡したことをしらされ、同時にナターシャの殺害疑惑が掛けられていることも知らされる。ナターシャはマックスの自宅に来た時にマックスの財布を摺っていた事はナターシャの死体が語っていた。 なんとかマックスの無実を晴らそうとアレックスは過去の惨殺事件を洗っていた。その時アレックスはある共通点があることにきずき、マックスに連絡を取る。連絡を聞いたマックスはすぐにアレックスのもとに向かう。しかしまたしても何者かにアレックスを殺されマックスも殺されかける。瀕死の状態で病院でめざめたマックスは元刑事で現在は殺された妻の上司の「B・B」と一緒にアレックスの通夜に行く。 マックスは2件の殺人容疑をかけられ、ロシアン・マフィアでナターシャの姉「モナ」と手を組み真犯人を捜す。内部調査部の「ジム・ブラボーラ」からも追われながらも、「羽を持つ男」の正体を元妻の上司の一人の「コルヴィン」から知らされたマックスは単身で「羽を持つ男」のアジト(ラグナロク)に身を投じることを決意する。 しかしマックスを待っていたものはマックスの想像を絶する驚愕の真実だった。
(wikipediaより)

作品自体を知らなかったです。主演のマーク・ウォールバーグにしても、『ディパーテッド』に出ていたらしいのですが、そこまで記憶になかったです。唯一覚えていたのは、オルガ・キュリレンコです。なぜなら『007 慰めの報酬』のボンドガールだったからです。

アクションものは結構好きなのでという理由でとりあえす見るかと思ったので見ました。短かったので気楽に見れました。が、ストーリーを把握するのが面倒でした。最後まで分かりにくく、最後までいっても「へえ」くらい終わる感じでした。

アクション映画ですので、ストーリー無視でアクションだけでも楽しめます。ガンアクションは多かったのでよかったのですけど、主人公が敵のルピーノという奴と戦う場面で、あっけなかったのには拍子抜けしました。

アメリカでは結構売れたらしいですけど、日本ではあまり知名度は高くない気がします。どちらかとB級よりな感じがします。

というか、全体的に重いです。基本的に復讐なので明るい気分にはなれなしです。復讐もので明るくなれるのは、『トランスフォーマー リベンジ』くらいですね。



評価:55~60点
この作品よりもアカデミー賞を取った作品を見たほうがよさそうです
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。