スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシードライバー

監督:マーティン・スコセッシ
出演:ロバート・デ・ニーロ、ジョディ・フォスター、ハーヴェイ・カイテル

6a5731d3.jpg


ストーリー
ベトナム帰りの青年トラヴィス・ビックルは夜の街をタクシーで流しながら、世界の不浄さに苛立ちを感じていた。大統領候補の選挙事務所に勤めるベッツィと親しくなるトラヴィスだったが、彼女をポルノ映画館に誘ったことで絶交されてしまう。やがて、闇ルートから銃を手に入れたトラヴィスは自己鍛錬を始めるが、そんな彼の胸中にひとつの計画が沸き上がる……。
(Yahoo!映画より)

マーティン・スコセッシの代表作。カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作です。作品としては、知ってはいたのですが、やっと観ることができました。

ロバート・デ・ニーロの演技を初めて見ました。正直、こいつはうまいとかよくわからないのですけど、よくできていると思いました。いかにも不眠症っぽいし、悪に怒りを覚えている感じです。ロバート・デ・ニーロは、前からあんな顔なんですね。やっぱり昔もかっこいいです。

s-2521.jpg


全体的に、暗いです。言いきることはできませんが、大体の名作って、暗い作品が多い気がします。僕は、あまり好きではない『ゴッドファーザー』とか、『シンドラーのリスト』とかです。

淡々と進みますけど、そこまで眠くは感じなかったです。主人公の次の行動が気になります。モヒカンは驚きました。前に、BOOKOFFでタクシードライバーのDVDを見たら装丁がモヒカンで驚きました。最初は何かの間違いかと思いましたが、そうではなかったみたいです。

IMDBを見ると、38位でした。『アメリカン・ヒストリーX』と『フォレスト・ガンプ』の間でした。どっちも観てないです。

この作品でとくに気になったのは、ラストの銃撃戦で、映像が変わったところです。言葉で説明するのは難しいですが、いままでと変わって、ぼやけた感じになっていました。わざとそうしたのでしょうけど。

そういえば、この作品って、スッタンリー・キューブリックの『時計じかけのオレンジ』を観て、事件を起こした人の日記がもとらしいです。さらに、この映画を観た人がレーガン大統領暗殺未遂事件を起こそうとしたらしいです。

パルムドールはとりましたが、アカデミー賞は無冠でした。どうしてなのかと調べたら、『ロッキー』が同じ年に公開されていたのですね。『ロッキー』の方が、今はよく知られていますしね。

僕にとって、マーティン・スコセッシといえば『ディパーテッド』です。映画館で観たかったのに、年齢制限で観れなかった作品です。当時は、タイタニックで有名だったレオナルド・ディカプリオしか知らなかったです。マット・デイモンやジャック・ニコルソンは知らなかったです。

評価:90点
パルムドールってやっぱり凄いですね。

スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。