スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジウⅠ

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)
(2008/12)
誉田 哲也

商品詳細を見る


久しぶりに小説を読みました。というか、最近まともに本を読んでないです。映画は2時間くらいで終わりますけど、本は結構つらいものがありますからねえ。中2の頃が嘘のようです。

今思うと何でこの本を買ったのかわからないんですけど、とりあえず、小説を読もうと思ったので目についたこの本を買いました。小説は書評を見なかったら、選びようがないですから、とりあえず平積みを手にするしかないでしょう。

ジャンルとしては、警察小説です。2人の性格が全く違う女性警官が事件解決のために奔走する、という感じの小説です。

まずはじめに、帯にあまりセンスを感じなかったです。なので、早急に捨てました。帯って、意外と重要ですね。

1巻で終わりかと思ったら、まだ続きがあったのか、という若干裏切りみたいな感じで締めくくられています。しかも、最近は3巻目まで出ているもようです。よくある上中下みたいに、どこで終わるかわかりやすい形にしてもらいたかったです。

ただ、上下だと、中があるのかないのかがはっきりしないのがうれしくないです。

読んでみると、「おお!」とうなりはしませんが、面白いです。さすがに、ブランチでインタビューされているだけあります。現代作家の小説はここのところほとんど読んでいなかったのですけど、こんな新しい人もいるのかと改めて感じました。

重火器の名前がわからないので、想像するのにはつらいものがありました、十分楽しめると思います。全貌を分かりにくくしているので、一気に読まないと面倒です。あとで、すべてが解決するみたいな感じではないので、一気に読みましょう。

小説ってゆっくり読んだほいうがいいみたいですけど、僕は急いで読むのが好きです。急いで読んでおしまい見たいなパターンが好きです。TV番組も、引っ張りまくるより、スパっと終わらせるのが好きです。無常観があって好きです。

感想を書けと言われても、書きにくいです。まあ面白いというところが妥当だと感じたからです。読んで損はないけど、読まなくても損しない感じです。古典のように読んでいるのが当たり前の作品とは違います。そういう意味では娯楽映画とも似たところがあります。

とりあえず、続編も読みたいと思います。それと『沈まぬ太陽』を映画に行く前に読みたいです。映画化原作は基本的に読む派です。でも、映画版ノベルみたいなのは大体読みません。唯一の例外は僕が映画にはまった原因になった『インディ・ジョーンズ』だけです。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。