スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えないヒント

今回紹介するのは「考えないヒント」です。
考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)
(2006/11)
小山 薫堂

商品詳細を見る
著者の小山さんは、アカデミー外国語章を受賞した「おくりびと」の脚本を書いた方だそうです。ほかにも、多くのテレビ番組を企画・構成されているそうです。

この本の、副題は「アイデアはこうして生まれる」となっていますが、小山さんの仕事柄、こういった内容が必要になる場面が多いのかと思います。締め切りは必ず守る、思いついたことはメモするといった当たり前のことでは、突き抜けたアイデアは生まれないと著者はいいます。確かにすばらしいアイデアはそう簡単には出ません。だからこそ普通でないやり方が重要になってくるということです。

私が、本の中で気になった箇所は、神様にフェイントをかけるという話と、書斎は狭いほうがいいという話などです。前者は、普段絶対にしないようなこと、神様が絶対にしないだろうと思っていることをやってしまうということです。日常から、少し抜け出すというのは、少しわくわくします。日常を打破するのは、アイデアを生む上でかなり重要なことにも思えます。後者の書斎は狭いほうがいいというのは、何かしているとき、気が散っても、壁に跳ね返ってくるイメージがあるということらしいです。私も、このことについては、共感できます。勉強するのも壁の近くのほうが集中できますし、狭くてもそこをうまく使うことに快感をおぼえます。

この本を読んでみて思ったことは、よくよく考えれば、結構普通のことにいろいろな種が入っているんだなということです。多くの人のやっていることをやめて、少しでも違ったことをするだけでも、日常は大きく変わってくると思います。私は、学生ですので、アイデアはそこまで必要ないかも知れませんが、ひとつの生き方として取り入れてみたいなと思います。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。