スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラン・トリノ

監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド

grantrino.jpg

ストーリー
朝鮮戦争従軍経験を持つ気難しい主人公が、近所に引っ越してきたアジア系移民一家との交流を通して、自身の偏見に直面し葛藤(かっとう)する姿を描く
(Yahoo!映画)

公開は、とっくに終わってますけど、名画座で観てきました。『レスラー』との2本立てでした。

クリント・イーストウッドの作品はそこまで多く見ていないです。劇場で観たのは『硫黄島からの手紙』だけで、ほかに観たことあるのは、『ミリオン・ダラー・ベイビー』だけです。正直、観なくて公開しましたけど、調べたらまだ観れるということなので、観に行きました。

なるほど、面白いという言葉がぴったりです。

そういえば、キネマ旬報がやった企画で、すごい映画ランキング観たいのをやっていて、10位に『グラン・トリノ』が入っていました。あの『地獄の黙示録』と並んでいます。

現代では失われた、男の本来の姿を描いていると思います。気骨溢れるといいますか、頑固だけどもかっこいいというところでしょうか。言葉では尽くしづらいですが、何事にも動じない自分を持っているというところでしょうか。誰も頼れない現代の、ロールモデルのような存在に見えました。

ヒーローとまで言っていいのか分からないですが、希望のない現代にはああいう古い人間も必要に思えます。本当に「男」と言える気がします。

グラントリノの行方は正直予測していましたが、不覚にも感動で泣いてしまいました。『ショーシャンクの空に』よりも、深い作品です。どちらも、甲乙つけづらいですけど。

クリント・イーストウッドはもう80近いのによくここまでの作品を作り続けられると思います。今年も、アカデミー賞有望の作品をアメリカで作ったらしいです。助演男優賞はクリストフ・ヴァルツがもらうでしょうけど。これがリンクです。

評価:90点
クリント・イーストウッドの作品を観ようと思いました。



スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

正直書評。

正直書評。

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。