スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞2009年12月5日号を読む

ネタがないから、ということもありますけど、最近は、新聞の全体を目を通すことにしています。ニュースを見ないので、情報源がネットか新聞に必然的になるんですけど、新聞の方がいろいろと利点が多いので、最近はさらっとですけど、読むことにしています。

いくつか気になった記事はありましたが、特に気になったのは、最近連載し続けている、「政権交代○○日」と「オピニオン」(名前があやふやです)、そして、普通の記事ですけど、「年末の海外旅行者減少」あたりです。

最初の記事は、「事務次官がなくなる」という話で興味をもったので読みました。親方日の丸も企業型の経営に移行する気配があります。利益追求は必要なでしょうけど、鳩山内閣は資源を集めなくてはならないので、無駄をカットしなくちゃならないんですね。大変です。僕らなら、どこにも行かず、家でじっとしていればいいだけだというのに・・・

二つ目は、僕の興味のある「メディア」の話です。特に新聞が題材です。日本人とおそらくアメリカ人の2人が、持論を展開しています。アメリカの新聞は、減少傾向にあるとのことです。「ネットで十分だよ」という人が圧倒的に多いですから、仕方ないとも思います。

アメリカでもっとも部数がある新聞は、「ウォール・ストリート・ジャーナル」のようです。部数は約200万部。それに対し、日本のドン「読売新聞」は1000万部。多すぎます(汗)。アメリカは全部が地方紙ということなので、このような結果になるみたいです。

日本とアメリカの新聞の総発行部数を比べると、日本の方が上ということにも驚きました。

新聞を読まなくなったのは、単に面白くないからということもあると思います。どうせ、スピードではネットにはかないませんから、もっと面白く書けばいいと思います。ネットの記事が面白かったらそれまでですけど。この新聞社でしか読めない、見たいなコンテンツを充実させて、もっと、面白くすれば少しはましになるんじゃないでしょうか。

このブログのように、面白くすれば万事解決です。
(ネタ解説:あえて、自分のことを誇張することによって、ウケを狙う、自虐ネタ。ブラックジョークともとれる。)

3つ目は、「年末年始の旅行者が減少」です。とにかく、みんな金がない(不況)ですから、当然と言えば当然ですけどね。まあ、旅は大いに価値があると僕は思いますけどね。

以上3つ書きましたけど、1日の終わり(読む人にとってはそれよりも後かもしれません)にこんなことを書いても、即補正がほとんどないです。それに、情報が遅いことによる、付加価値もほぼゼロです。更新をするという目的達成はできましたが・・・

新聞ももっと頑張って、面白いこと、興味深いことを書いてほしいです。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。