スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「続ける」技術

今回は、行動科学マネジメントの第一人者である石田淳さんの『「続ける」技術』です。
「続ける」技術「続ける」技術
(2006/10/20)
石田 淳

商品詳細を見る
石田さんは、行動科学マネジメントについて多くの本を書かれています。

続けることというのは、みなそう簡単にできません。昔でいえば、根性などの精神論に頼っていたのですが、この本には今までとはまったく違った行動科学マネジメントという手法を使って、物事を継続しようということが書かれています。三日坊主に終わりたくない人には絶好の本でしょう。

「続ける」技術は誰にでもできる方法を取り入れています。
このノウハウは
1:ある行動を増やす
2:ある行動を減らす
ということに集約できます。

物事が続かないのは、意思の強さとはまったく関係がないそうです。必要なのは適切な方法です。

実際にやってみたい場合は、まず自分のやりたいことを考え決めます。そして、その行動(たとえば読書など)を邪魔する行動(たとえばテレビを観ること)をとらないように意識するそうです。こういった邪魔をする行動は、簡単にできてしまうのでそちらの行動をとるようになってしまいます。そうしないようにするために、条件をそろえるといいといいます。というと、自分の行動をコントロールするということです。テレビを見てしまうなら、どこかに隠す、捨てるという方法などがあります。とにかく、邪魔をする行動をコントロールするのが重要です。

そして、続けるための簡単なテクニックも存在します。たとえば、継続したい行動ができたら、ご褒美を上げる、他人の力を借りるなどです。

こおうすることによって、物事を続けることができるようになります。

読後の感想としては、確かにできるかもしれないけどそれで本当にいいのかなということです。といいますと、やりたいことができるようになりますが、本当に好きなことやりたいことならそんな技術は不要ではないのかと訝りたくなるということです。私の例なら、3年ほど前までは読書は嫌いでしたが、本の魅力を知ってからは、何も考えなくてもすっと読書に入り込むことができるようになりました。この例から、好きなことだったりしたら、特別に考えてやる必要はないのかと考えてしまいます。必ずしも私の考えが正しいとは思いませんが、ひとつの考えとしては正しいと思います。私は、三日坊主もいいことだと考えています。続かなくても、話のネタにもなりますし、その話が出たときに興味を持って聞くことができます。私は、本格的には学んでいませんが、哲学について少し勉強したので(これは続きませんでした)、哲学の話が出ると耳を傾けてしまいます。私だけかもしれませんけどね。

しかし現実的には、継続して物事をやる必要はありますので、この本は大いに役立つと思います。三日坊主になりたくないなら呼んで損は絶対にないです。今の世の中、継続して勉強するのは絶対に必要ですからね。ですが、もっとも強いのは習慣です。やりたいことを習慣化するのが最上の方法であると私は考えています。
スポンサーサイト

comment

Secret

ありがとうございます!

「続ける技術」をお読みいただき、ありがとうございます!
「続ける技術」著者の石田淳の会社のスタッフをしております篠崎と申します。
本書は、本当に好きなことだけではなく、
あらゆる事に応用できるメソッドという行動科学を利用したものです。
仕事や勉強などに利用してもらえれば…と思っています。
嫌だけど続けなきゃいけない時…ぜひ、利用してみてください!
ありがとうございました!

Re: ありがとうございます!

コメントありがとうございます。たくさんのブログから見つけていただき大変うれしく思います。コメントをしていただけると、書き手としてもやる気が出てきます。やはり、フィードバックがあると続けられますね。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。