スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋文の技術 森見登美彦

恋文の技術恋文の技術
(2009/03/05)
森見 登美彦

商品詳細を見る


またもや、森見登美彦です。この人にはまってしまいました。

タイトル的には、「どこのビジネス書だよ?」といった趣ですが、まったくハウツー本ではないです。ほぼ小説です。

どうして小説ではなくほぼ小説と書いてあるのかって?

それは、小説としての書き方が一切なされていないからです。というのも、この本は、基本的に手紙のやり取りだけなんです。しかも、主人公が送る方はもちろん書かれていますけど、相手の返信は一切書かれていないです。

最初は、わかるのかなとも思いましたが、読み進めると普通にわかります。というか、普通と違って面白いです。一方的なのに、よくわかるのです。

主人公は、京都の大学院生なんですけど、能登に飛ばされてしまうんですね。で、なんでかわからないですけど、文通武者修行と称して、研究所の人(もちろん京都の)と文通を開始するんです。文通相手は、研究所の人だけでなく、妹や、なぜか森見登美彦もいます。

今までの小説とのつながりがわずかながらあります。『四畳半神話大系』に出てきた、小津が出たら僕は面白いだろうなと思いましたが、とにかく、この人の本は少なからずつながりがあります。いわば、伏線回収がうまいということでしょうか。

この人の本の主人公の性格は毎回似たようなものですけど、自分に近いようで親近感を覚えます。

ラストあたりにスピンオフ作品みたいのがあります。今までのものがすべてつながる感じです。それらも順番に読んでいくと楽しいです。

手紙の内容は大したものではないですけど、読んでいて心が軽くなれそうです。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。