スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディア・ハンター

監督:マイケル・チミノ
出演;ロバート・デ・ニーロ、クリストファー・ウォーケン、ジョン・カザール、メリル・ストリープ

deer hunter

ストーリー
1968年、ペンシルバニア州の小さな工場で働く5人の若者たちは、休みの日には鹿狩りをする仲間だった。5人のうち、マイケル、ニック、スティーブンの3人が徴兵されてベトナムへ行く・・・
(ぴあより)

アカデミー賞5冠に輝いた作品です。この作品で、クリストファー・ウォーケンがアカデミー賞を取ってます。

ベトナム戦争者と言うと、戦場を描くのがほとんどですけど、この映画は戦場よりも田舎町が多いですね。大雑把に3つに分けたうちの真ん中が戦争のシーンでしょう。

戦争映画と言うよりも、友情映画として観た方がいいと思います。

この映画、もっとも注目すべきところは、やはり「ロシアンルーレット」のシーンでしょう。詳しくは書きたくないですけど、そこのシーンの緊迫感はハンパないです。『イングロリアス・バスターズ』の居酒屋のシーンよりも上でしょう。

戦争に行った3人の行方について焦点を絞って観ると、面白いと思います。3人とも全く別の道をたどってしまうことになります。

基本的にベトナム戦争を扱った映画は、戦争の狂気や悲惨さを描いてますけど、この映画は、反戦という形は取っていませんけど、ベトナム戦争をうまく調理したといえると思います。

あと、メリル・ストリープが出てますけど。やっぱり、若いですね。『プラダを着た悪魔』の印象が強いので(ほかにメリル・ストリープが出てる作品を観てないだけです)、強情な性格かと思いきや、意外と、おしとやかでした。今の方が、はるかに演技はうまいと思います。

面白いことは面白いですけど、『地獄の黙示録』同様、観るのは疲れます。2度と観たくないとまではなりませんが、何度も観たい名作ではないと思います。まあ、名作には変わらないですけどね。

評価;85~90点
長尺を楽しまないといけないでしょう。



あと、予告編が「この映画観たいな!」と思えるようなつくりには見えませんね。今は予告編くらいは面白いように作られてますけど、質は昔には敵わないと思います。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。