スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合唱コンがあった

長らく更新していませんでした。そのことについてのいいわけはまたあとで。

昨日、合唱コンクールがありました。そのために、およそ一ヶ月間放課後に居残り練習をしていました。

ドラマでよくあるように、誰かと誰かが喧嘩をするというのは、まあ一部に見受けられましたけど、全体的にみるとそこまで衝突することなく終えることができたと思います。

僕は、合唱コンクール実行委員を務めていました。単に面白そうと思ったからこそやったまでのことですが、それなりの仕事と責任がありました。そのせいか、今年は例年よりもちゃんと練習に出ていました。

大した働きもできないまま合唱コンクールは終わってしまいましたけど、いい体験だったと思います。昔からやっていた合唱コンクールの舞台裏というか現場をありありと見ることもできましたし、なにより他クラスの退屈な合唱を効かないで、外にでいられるし、自由に動き回れるし…

ま、とにかく楽しかったです。苦労もそれなりにあり、入賞もできませんでしたが、今までで一番楽しかったです。

そして、終わった翌日つまり今日、学活の時間に合唱コンクールに尽力した人に花束を渡す時間を先生が設けてくれました。実行委員だった僕には驚きでした。当日休んだ男子(電話までしたんですけどね…)が一人いて、その茶番劇みたいなのをやっている間、彼を見てみると完全に空気と化していました。

自分で選択をしたのですから、文句はないと思いますが、二度とないチャンスをつぶしていると思います。何度もやっていて日常化しているかもしれませんけど、同じ環境で同じように同じ歌をうたえる機会は二度とないんですから、もっと大切にした方がいいのではと思います。

なんだか知らないんですけど、僕がトリを飾る羽目になってしまいました。できれば面白いことを話せたらよかったんですけど、さすがに自己紹介の二の舞になっては困るので保守的に話したら話すことがなく、逆に困りました(汗)

まあね、クラスのみんなや先生方には深く感謝をしたいと思います。

今日の放課後、いままで合った合唱コンクールの練習がないということに、結構な喪失感を覚えました。勝つことはできなかったとはいえ、集中して取り組んできたものがなくなるのは少々さびしいものです。

内容は知りませんけど、レイモンド・チャンドラーの『ロング・グッド・バイ』を深く痛感したようでした。僕には理解できぬことですけど、恋もそんなもんなのでしょうか。あったはずのものがなくなるというのは、結構な心の痛手になりますね。4回目にして初めて味わうことができました。

さらにきめ細かな感情を抱くことができたというのは、ある種の成長の証かもしれません。

さて、更新が途絶えていたのは、ブログを続けることに対する、気持ちの揺らぎがあったからです。このブログを継続して続けてきましたが、本当に意味のあることなのでしょうか。映画について書いても、所詮は下手の横好きだし、書評をしても専門家ないしはプロでもないので表層的なことしか書けません。

ちょっと前に、山形浩生の本を読んでいて、「ブログで書評を書くと見せかけて、自分の思想を書いている奴がいる」と言うような話が出て、「自分のことじゃないか?」と思ってしまいました。ブログを書いて進化、成長をすることはあるかもしれません。しかし、このブログを書いていると自己満足で終わってしまうのではと思ってしまいます。

第三者のフィードバックがないと自分の軌道修正は恐らくできないでしょうから、自分の好きにやっておしまいになりそうです。

と言うことを踏まえて、僕はこう考えました。今は学生ですので、本来やるべき勉強や学生時代にしておきたいこと(世界文学を読む、名作映画を繰り返し観る)、人との付き合い方を考える、運動をするといった必要そうなことにより時間を割こうと思います。間違ってもネットサーフィンをだらだらやるようなことはなしにしたいです。

というわけで、本を読んだり映画を観ることは継続していくと思いますが、これからは更新の頻度を少し下げようかと思います。毎日毎日更新をしても何もしないこともあれば、1週間で完結することもあると思います。ですので、1週間に多くて3回までにしようと思います。

ネットにのめりこむのではなく、二度と来ない多感な時期(いわゆる青春、思春期)に多くのことをやるようにしたいと思います。実態として必ずしも現れるものではないでしょうが、物事の優先順位はつけておこうと思います。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

週三回とか寂しいジャマイカ・・・
僕はその多感なころの思い出を細かく記録しておこうと思って書いてる。だって自分の中で小4あたりの日常とか何一つ覚えてないからね。何したか思い出せないって寂しいじゃない。

ブログの書きすぎで何か(学生生活とか)がおろそかになってるわけじゃないなら今までどおりでいいんじゃない?バランスが大事だと思うよ。

Re: No title

コメントありがとう。

基本的に、日常の詳細な(といいつつも大雑把な)記録はブログとはべつに日記をつけているから問題ないんだよ。ブログに日記を書くよりも、日記の方がアクセスしやすいしね。

ブログを見ていると、どうしてもネットサーフィンをするから、自戒の念を込めて記事の更新をしないということで理解しておいてくれ。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。