スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョーズ

監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:ロイ・シャイダー、ロバート・ショウ、リチャード・ドレイファス

jaws.jpg

ストーリー
平穏なアメリカ東海岸の田舎町、アミティビレッジに突如出現した巨大人食い鮫。市当局が町の利益を求めるあまり対応が遅れ、多くの犠牲者を出してしまう。地元の警察署長ブロディ、海洋学者フーパー、漁師クイントの3人は、サメ退治のため大海原に乗り出す。
(wikipediaより)

タイトルを知らない人はいないでしょう。スピルバーグといえばこの作品と言うくらい有名です。

スピルバーグはこの作品を27歳で監督したといいます。ちなみにクエンティン・タランティーノが『パルプ・フィクション』でパルムドールを受賞したのは28歳でした。

と言うことはさておき、やはりスピルバーグとはいえども、初期の作品と言うこともあってか、細部に関してはもう少しうまくでき気もしましたが、やはり大枠はよくできていると思います。120分と最近のスピルバーグ作品に比べると短いですが、うまくまとまっています。

大きいサメが出てくるのですが、結構リアリティがあります。この映画が公開されたころ、海へ行く人が減ったという話もあるそうです。

なにより、この映画を一層面白くしてくれるのは、あのジョン・ウィリアムズの音楽でしょう。「ダーダン、ダーダン」みたいな誰もが口ずさんだことがあるであろう、あの音楽を効果的に使ってくれます。音楽を聴いただけで、サメのことを思い出すくらいです。

スピルバーグらしい一難去ってまた一難の展開ですが、最近ほどメリハリはありませんが、そこらへんにありそがちな作品よりははるかに面白いです。

また、「自分たちはとんでもないものを敵に回している」ことに徐々に気付かせるあたりは、うまいと思います。ところどころでサメの視点の映像が流れます。単純に追ってくるだけの映像ではなく、追う方の映像も見せるあたりはいいと思いました。

基本的に、アクションやアドベンチャーものは評論しやすくはないですが、さすがにスピルバーグなだけあって、多くのことが書けます。書いていることの質は別問題ですよ。

『激突!』が出世作とも言われますが、この作品は本当にスピルバーグの名を高めた作品でしょう。基本的に、映画好きはスピルバーグを好きとは語りませんが、メインストリームに戻るのもいいことのようです。世間的にも評価される監督の作品を改めてみるのはよきことかもしれません。

最近でこそよくいわれませんが(『ミュンヘン』はひどいです)、初期の作品は恐らく傑作ぞろいでしょう。娯楽映画でも、マイケル・ベイやローランド・エメリッヒとは一線を画しますね。ジェームズ・キャメロン、ジョージ・ルーカスには近いとも言えるでしょう。

評価:80点
点数つけるのもおこがましいですけど、傑作です。同年公開の『カッコーの巣の上で』の方が好きですけど。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。