スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(500)日のサマー

監督:マーク・ウェブ
出演:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネル

500days.jpg

ストーリー
恋を信じる男の子(トム)と信じない女の子(サマー)の、ビタースウィートな500日の物語。

トムは建築家を夢見て、グリーティングカード会社で働く日々。ある日、秘書として入社してきたキュートなサマーに一目惚れ。トムは運命の恋を夢見る男の子、一方サマーは真実の愛なんて信じない女の子だった…。まったく正反対のふたりの500日の恋のゆくえは…?
(東宝シネマズホームページより)

「書くの遅えよ!」という話ですけど、僕自身も観たのがまあ最近なんで、許してください。

どこから書けばいいのかよくわからないですけど、一目でわかるところで言うと、まず音楽とかがスタイリッシュですね(本質関係ねえ)。映画の後に、カップルが「アルバム買おうか」「音楽よかったもんね」と言う感じの話をしていました。僕は、一人で…

まあいいいや。一応は、恋物語だということなんですけど、映画の冒頭に、この映画は恋の話ではないみたいなことを言ってきます。それはそれで流しましょう。

僕としては本質的な部分は主人公のキャラ設定にあると思います。主人公は現代にありがちな。所謂草食系だんしです。その主人公の描き方が本当にうまいです。男性諸君(特に非モテの人)は主人公の視点で観ると、本当に面白いと思います。

好きなバンドが一緒だったら、そのバンドの曲を好きな女の子に聞こえるように音量を上げまくるあたりや、自分の都合のいいような妄想をするといっったことは、いかにもというところでしょう。

一つ一つのシーンを語るならば、とても簡単ですけど、映画を総括して話すのは難しいですねえ。面白いとかで片づけるわけにはいかないですしね。

パンフレットを参考にしようと思って読んだところ、なんとも微妙な評論しかないですね。男脳と女脳の違いって、そこじゃないんじゃないかと思います。いろんなシーンとかから教訓っぽいものを得るのはたやすいですけど、全体をまとめるようなものを語るのはとにかく大変です。

でも、すごくいいですよ。特に、ミュージカルっぽいシーンのあたりは思わず笑います。オチもうまくつけています。

評価:80点
インディペンデント映画もいいのありますね。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

どーでもいい女にもてても意味が無い!あなたの好きな女性、タイプの女を落とす方法!

あなたは興味の無い女にはたまに好かれるけど、 自分の好きになった女には振り向いて...

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。