スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日本辺境論』が新書大賞

『日本辺境論』が新書大賞(毎日新聞)

日本辺境論 (新潮新書)日本辺境論 (新潮新書)
(2009/11)
内田 樹

商品詳細を見る


最近、ベストセラーを結構売ってる感じの内田樹の渾身の作品(といっても小説じゃないですよ)が新書大賞に選ばれました。この本は日本人とは何かということをあくまでも著者意見として書いたものです。

内田樹というと、自身のブログに代表されるように、非常にわかりやすくまた軽快な口調で読みやすいことで(たぶん)有名です。

「正しくない」との批判がありますけど、べつに絶対に正しいということを内田樹は言ってるわけではないと思います。変化していくものの一部をとらえているわけですし、人によっては感じ方も違うはずですしね。

この本を読むにあたっては、なるほどと思ってもそれを正解だと思うのではなく、一つの意見だととらえる必要がありそうです。

正しくとも正しくなくとも、面白いということに変わりはないですが。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。