スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペル

監督、脚本:サム・ライミ
出演:アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング

drag me to hell

ストーリー
銀行の窓口で働くクリスティン、彼女のところへ、老婆が現れ「家が取られて済むとところがない」と言う。しかし、クリスティンは断ってしまい、老婆に呪文をかけられてしまう…

今頃『スペル』の紹介って遅すぎだろと自分でもつっこみたいところですが、まあ最近観たんで仕方ないということと言うことで紹介に行きましょう。『カールじいさんの空飛ぶ家』もそうでしたけど、いつも記事を書くのが遅いんですよね。そんなの、自分の問題なんですけど…

サム・ライミと言って作品名が思い浮かぶ人は結構な映画ファンでしょう。僕の周りの人に「サム・ライミっていう監督知ってる?」と聞くと、基本的にみんな「知らない」と答えます。

「『スパイダーマン』の監督だよ」というと、「へえ」観たいな感じになります。

『スパイダーマン』と言う作品は有名ですけど、監督名はを知らない人が一般的には多い気がします。ジェームズ・キャメロンやピート・ドクターもそんなもんでしょう。

僕はまだ観ていなんですけど(すみません)『死霊のはらわた』の監督としてサム・ライミは有名です。そのサム・ライミの原点回帰ということで観るべき作品ともいえると思います。

『スパイダーマン』を監督する前に、大型作品を作ったことのないサム・ライミが起用された理由としてはつくりが丁寧だからこそだと思います。『スペル』にはそれがとても顕著だったと思います。

主人公のクリスティンが老婆に呪文を言われてしまうわけなんですけど、予告編を見る限りではものすごく不条理な感じがしますけど、映画を観てみると意外や意外、ちゃんとその行動を取るための理由が描かれているんですよ。

ちゃんとした主人公の行動の起因となるものを、しっかりと冒頭に描くあたりはさすがだなと思いました。

そんで、そこだけでなく、映画全体に関して説明というか性格を描くあたりとかがとても丁寧なんですね。さすがに『スパイダーマン』三作を任されているだけあるなと思いました。

表現の次には、ホラーエンターテイメントとしてのこの映画の側面について書きたいと思います。

僕はホラー映画が本当に苦手です。前にテレビで『呪怨』がやってたんですけど、あまりに怖くて途中でやめました。布団かぶって目を閉じてました。

そんなホラー映画の苦手な僕でも十分に楽しめる映画でした。ホラー映画をほとんど観ていないので比較ができないんですけど、この映画はホラーかつ脅かしだと思います。

基本的にホラーは沈黙から「ワッ!」みたいな感じですけど、『スペル』はその描き方が本当にうまいと思います。

「ここは来るぞ」と思えるシーンや「まさかここで来るとは」と思えるシーンも織り交ぜているので観客を飽きさせません。隣のおっちゃんは僕と同じように体をビクついていました。

お化け屋敷を映画で体験するというのが適正な表現かなとも思います。

あと、伏線をうまく回収しますね。ラストにかかわる伏線の仕掛けが思いのほか時間が離れているんですけど、何気ないシーンをうまく使うなと思えます。僕は気付いたんですけど、ちょっとオチは違いました。

この映画を観ると『ミスト』とも似ているなと思いました。「選択とその結果」と言うのは、こういう映画には結構つきものですけどね。ゾンビ映画には顕著です。

比較的低予算ですけど、サム・ライミの持てる知恵を総動員して作った感じですね。大ヒットとまでは行きませんがスマッシュヒットとか佳作というような表現がちょうどいい作品ですね。

失敗のない作品としてオススメできます。ただ、少し汚い表現があるので「生理的に無理」と言う人もいると思います。

評価;70点
サム・ライミらしい作品です(知らないくせに!)
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

あのばあさんの爪で机をならすあのしぐさ、音が印象に残ってます。

Re: No title

kasshyさん、コメントありがとうございます。

あのシーン、いきなり老婆を出すのではなく音から出すあたりは、さすがサム・ライミ(だから、知らねえだろ!)って思いました。

爪を写す前に、黒いホチキスがあるんですけど、あれもしっかりとした伏線なんですよね。一瞬ですけど、しっかりと画面に映るようになっています。さすがです。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。