スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
(2009/11/26)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る


今回は、書評をしましょう。といっても漫画なんですけどね…

表紙を見ると「なんじゃこりゃ」でしょうが、大雑把なストーリーを説明すると、

舞台はハドリアヌス帝時代、西暦130年代の古代ローマ。浴場の設計技師のルシウスは新たな浴場の設計に悩んでいた。ある日公衆浴場で構想に浸っていたところ、浴槽の一角に見つけた穴に吸い込まれ、日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。これ以降ルシウスは現代日本の風呂へのみタイムスリップできるようになり、そこで得たアイディアをローマでの浴場設計に活かしていく。
(ウィキペディアより)

という感じです。若干、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』的な要素も含んでいます(含んでないかな…)。

この漫画、現在(2010年4月7日)1巻しか出ていません。しかし、2010年漫画大賞を受賞したということで、一部の人に結構受けているみたいです。

僕は、それに乗っかる形で読んだわけですが、普通に面白いです。

日本人になじみのあるお風呂のはなしなんですが、銭湯や温泉などをとりあげてここが凄いということを漫画にしていくわけです。日本人としてとても身近なものを改めてみることができます。

お風呂の紹介だけではなく、しっかりとした、ストーリーつまりドラマが存在しています。そういうところは、種類は違えど、『ゴッドファーザー』のような映画に近いと思います。

ちょっと解説すると、『ゴッドファーザー』はマフィアの世界に親と子供のドラマをうまく描いたわけです。ただ、こちらは、アメリカ社会の象徴としてもよくできた作品となっています。

恐らく日本人なら体験したことのあるお風呂体験を、第三者それも日本のようなお風呂文化を知らない人が日本のお風呂を見るとこう考えるのかなというのをうまく描いていると思います。

正直言っちゃうと、僕に宣伝してもらう必要もないくらい知名度もあるだろうし、売れていると思います。

普通に面白いので、読むことをオススメします。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。