スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井戸端映画談議その1

今回から、僕の映画について思ったことをとにかく書くだけという企画、「井戸端映画談議」を始めます。いつ、終わるかもわかりません。新しく、カテゴリはつくりますが、長続きしそうになかったら消えることでしょう。内容は、映画についてということだけで、書きまくりますので。

評論じゃなくて、とりあえず観た映画のはなしとか、興行収入の話とか映画の中身に興味のある人には、到底受け入れてもらえ層のない話です。

最初ですけど、別に詳しいお題なんか決めないで適当に書きます。

サム・ペキンパーの『ワイルドバンチ』をちょっと前から観たいなと思っているんですけど、僕の近隣のツタヤには置いてないんですよ。前にも書きましたけど。

そんで、「午前十時の映画祭」なるものが現在実施中なわけですよ。そこで、『ワイルドバンチ』が観られるということで最近うきうきしています。

サム・ペキンパーは、町山さんの人生ベスト映画『戦争のはらわた』や『ゲッタウェイ』などの監督ですけど、いかんせん古い人ですので、あまり観る機会に恵まれないです。観れてもDVDですし。

そこで、劇場で見られるというのは、朗報ですよ。ほんとに。

この前、ブライアン・デ・パルマの『アンタッチャブル』と『デビルマン』を観ました。特に後者はいろいろと書きたいことがあるので、近日中にアップします。突込みどころがものすごい数になりました。

ダニー・エルフマンって、ユダヤ系らしいですね。知ってます?ダニー・エルフマン。ちょっと前の記事でダニー・エルフマンの名前が出てますけど、ティム・バートンとよく組んでいる人です。

スティーヴン・スピルバーグがユダヤ系というのは、有名ですけど、ダニー・エルフマンもユダヤ系とは思っても観ませんでした。まあ、そんだけのはなしです。広がらないですね。

映画評論ってありますけど、今はお堅い評論専用の雑誌とか本ってあんまりないですよね。『キネマ旬報』とか映画評論になっている気が個人的にしないです。『映画秘宝』はそういうもんだからいいんですけど。そういう意味で、宇多丸師匠のシネマハスラーはありがたいです。いまどき少ない本当の映画評論ですからね。

僕なんて、映画評論をまともにかけたことないですもん。

ただ単に僕の思ったことをだらだら書いているだけですからね。今までまともにかけたのは、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』くらいですよ。それでも大したクオリティじゃないですけどね。

好きで観て、好きで書いてるのであまり問題はないですけど。

ポール・トーマス・アンダーソンの『パンチドランク・ラブ』を観ました。アダム・サンドラーとエミリー・ワトソンが出るということで観たわけです。もちろん監督とフィリップ・シーモア・ホフマンも理由の一つですよ。

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』を観ている身としては、少々物足りないですね。ところどころはいいんですけど、押しが少し足らないです。

そうそう、『マグノリア』は結構有名なカルトムービーですけど。オチがすごいということなのに、僕は1度観た時には理解できませんでした。恥ずかしいことに。

というわけで、もう一度挑戦します。これでわからないとかなりまずいですよね。ただ、作品自体が3時間ありますしね。疲れそうです。

群像劇が苦手なのかはよくわからないですけど、群像劇の『2012』にミスがたくさんあることは僕でもわかりました。最低限の観る目はあるようです。

次は、『メメント』『レイジング・ブル』『ルーキーズ 卒業』あたりを観たいです。

特に最後のやつ。

出来が悪いらしいのでより観たいです。

前2つはいい映画ということで観たいんですよ。僕はいい映画を観たい人ですのですのでね。

それでは、また次回をお楽しみに。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【映画・恋愛】興行収入

ばったすいみんぐすくーる 国内映画興行収入ランキング(4月2週目 ... ☆86年公開「エイリアン2」配給収入12億円☆91年公開「ターミネータ...

comment

Secret

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。