スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈映画の見方〉がわかる本 町山智浩著

映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)
(2002/08)
町山 智浩

商品詳細を見る


映画評論家町山智浩が出している本です。『映画秘宝』内で連載されていたものを本に直したものだそうです。

中身はタイトルの通り、「映画の見方がわかる本」です。

表紙の写真は何かわかりますか?

映画好きなら絶対にわかると思いますけど(知らなきゃ映画好きとは言わせないよ)、『時計じかけのオレンジ』の主人公アレックスです。巨匠スタンリー・キューブリックの作品です。

この映画に対する僕の思いはまた今度書きましょう。

この本は、1967年から1979年の映画、つまり「アメリカンニューシネマ」の時代の映画を解説しています。

取り上げている映画は、『2001年宇宙の旅』『俺たちに明日はない』『卒業』『イージー・ライダー』『猿の惑星』『フレンチ・コネクション』『ダーティーハリー』『時計じかけのオレンジ』『地獄の黙示録』『タクシードライバー』『ロッキー』『未知との遭遇』です。

有名な映画ばかりですが、思いのほか難解な映画が多いです。『2001年宇宙の旅』はもとより、『タクシードライバー』『地獄の黙示録』などは、普通に観ても結構意味がわからない作品です。

そういった「面倒な映画」をわかりやすく解説してくれます。『キネマ旬報』とかのような面倒な評論とかではなく、監督や脚本家はどういったことを考えて映画を作ったのかということを誰でもわかるように書かれています。

この本は、章ごとにちゃんと区切られているので、余計な情報を入れたくない人にも読みやすいようになっています。

僕のこの本の読み方を紹介したいと思います。

僕は、評論とかもなるべく読まないで映画を観に行く主義です。情報を入れるときは逆に周辺情報だけを頭に叩き込むこともありますが。

とにかく、内容については知らないで映画を観たいので、基本的に情報は入れません。

この本は、仕方のないことですが、ネタバレ満載です。

ですので、映画を観て、もやもや感を持ったままこの本に行きつくといいと思います。よくわからないものがすべて評会すると思います。

本の内容も少しは書きたいですけど、ネタバレになるので、わからない感じに本の少し書こうと思います。

『2001年宇宙の旅』の「マジックの話」や、「『ロッキー』でのスタローンの話」などは非常に興味深いです。

これこそ映画だと思えると思います。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。