スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年新聞・テレビ消滅 佐々木俊尚著

2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書)2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書)
(2009/07)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る


最近、読み終わった本が少したまっているので、書評を少し。映画ファンの人、すみませんね。

これでも、映画と本の両方のブログですので…

内容は、タイトルの通り、「いかにして、新聞とテレビが消滅するのか」ということです。

この記事を読んでいる人がどの程度新聞を読み、テレビを見ているかはわかりませんが、僕は、新聞は一応読みますが、面白い記事はあまりないと思うし、テレビはほとんど見ていません。今はTBSの『新参者』だけは楽しく見ています。あのドラマの、人情っぽさはいらないと思っているんですけどね。

とにかく、僕もマスメディアからはあまり情報は享受していません。

この本では、僕のような人は結構多数だといいます。

どうして消費者というか受け手はそうなったかということを一冊丸々書いています。

少し具体例を挙げると、新聞が終わった理由は「インターネット」の出現です。当たり前と言えば当たり前ですけど、ネットの出現により、あえて新聞で読まずに、好きな時に好きな場所で、携帯やパソコンでニュースを聞いたり読んだりするのが主流になりました。そうしたら、自然と新聞を読む人は減ります。

さらに、新聞を読む人が減るとどうなるか?

新聞社の広告収入が減ります。新聞は、折り込みチラシで儲けている側面もありますが、新聞の部数が減ってしまえば、折り込みで広告を打つ企業は減ります。そうしたら、新聞社も儲かりにくくなってしまいます。

さらに、折り込みチラシを読むことができるサイトまで現れたというのです。新聞の折り込みは、消費者の要望に完全にマッチしているかというとそうではありません。そこに、ネットで折り込みを読めるサイトができたら、新聞社は音を上げるしかありません。

新聞が消滅する理由はこれだけではありません。その辺は本で読んでください。

新聞以外に、テレビも重要な論点です。テレビに着いても少しふれると、テレビ局の電波の独占が終わりそうというのが、一番重要なところです。これも、ネットの出現の影響です。

「最近のテレビって面白くないよな」と友人たちと話すことがありますが、考えてみたら当たり前だと思います。広告収入が減っているわけですから、低予算で番組を作る羽目になり、さらに面白くなくなる。という悪循環が存在するわけですからね。

あと、この本で知ったことなんですけど、『24』とか『プリズン・ブレイク』のようなドラマは映画会社が作っているらしいです。だから、そこまで良質な作品ができるわけですね。

『Dr.House』をブライアン・シンガーが監督したり、『ナンバーズ』をリドリー・スコットとトニースコットがプロディースしているのも頷けます。

新聞やテレビの将来は少し心配ですけど、やむを得ない結果になるのでしょうね。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。