スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井戸端映画談議その4

久しぶりの更新になりました。

予告した通り、映画音楽関連の話を書こうと思います。

僕が映画好きになったのは、ごく最近のことです。なので、俳優、監督、作品名あたりを覚えまくったわけですけど、脚本家、プロデューサー、作曲家と言ったところはまだまだ抑えていません。

最近はそちらにも手が回るようになりました。

まだまだ全体数はすくないですけど、今回は作曲家についてです。

映画好きになった当初、知っていたのは坂本龍一くらいでした。海外の作曲家は全く知りませんでした。

映画好きになってからいくらか知識を詰め込みましたが、まだまだなのですが、今のところ知っている知識を総動員しか書きます。

ジョン・ウィリアムズは有名すぎるんで、書きません。『スターウォーズ』『ジョーズ』『インディ・ジョーンズ』のテーマ曲などで有名ということで次に行きます。

その次にまともに覚えたのは、エンニオ・モリコーネです。タランティーノの『イングロリアス・バスターズ』のパンフレットで言及されていたんで、覚えました。変な名前と当初は思いましたが、今思うといい響きの名前ですよね。

そんで、最近まともに覚えたのは、ハンス・ジマーです。知らねえのかよ、と思われるかもしれませんが、一般の人は知らないです。

ハンス・ジマーっていろんなところで見かけるんでどんな映画にかかわっているのか調べたら、たくさんありました。

『レインマン』『ブラック・ホーク・ダウン』『天使と悪魔』『ダ・ヴィンチ・コード』『ダークナイト』『シャーロック・ホームズ』『バックドラフト』『グラディエーター』『ラストサムライ』など枚挙に暇がありません。

これらの中から個人的に好きな曲を3つ貼り付けておきます。特に、『ブラック・ホーク・ダウン』のが好きです。最初はそうでもなかったのですが、何度か聞いているうちに好きになりました。







『ダ・ヴィンチ・コード』とかは面白いですけどほとんど中身のない作品でしたけど、音楽は最高でした。続編の『天使と悪魔』も小説をしっかり読んでから観に行ったのですが、小説の方が中身がありました。

ロン・ハワードの作品って基本的に中身がないですよね。『ビューティフル・マインド』とか全く感動しませんでした。単なる頭のおかしい数学者のはなしですからね。『レインマン』のような障害ではなく、病気ですからね。

ロン・ハワードはアカデミー監督賞をもらってますけど、ほかの4人の方がふさわしいと思います。

デヴィッド・リンチ(『マルホランド・ドライブ』)、ピーター・ジャクソン(『ロード・オブ・ザ・リング』)、リドリー・スコット(『ブラック・ホーク・ダウン』)、ロバート・アルトマン(『ゴスフォード・パーク』)の4人です。

結局この中でアカデミー監督賞をもらったのは、ピーター・ジャクソンだけですもんね。

ロン・ハワードは娯楽作品的にはいい職人監督ですけど、アカデミー監督賞をあげるような監督には思えません。

話だいぶそれましたが、ハンス・ジマーっていいですね。

あと、ダニー・エルフマンも好きです。『スパイダーマン』のテーマとか結構好きです。



エンニオ・モリコーネは『アンタッチャブル』のテーマが好きです。



まだまだ全然詳しくないので、凄く一般的なものしか上げられませんが、これから少しずつ知識を広げていくつもりです。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。