スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井戸端映画談議その7

世の中には、スティーヴン・スピルバーグやジョージ・ルーカスというような誰でも名前を知っているような監督がいます。映画ファンでなくとも、名前くらいは知っているというような人たちです。

上記の2人は別格だとしても、それなりに名の知れた監督っていますよね。

具体例が全く思い浮かびませんが、無理にひねり出すと、ティム・バートン、マイケル・ムーアというようなメディア露出の多めな人になるんでしょう。

一般の人って基本的に、映画監督の名前を気にしないですよね。

学校の友人に、「ジェームズ・キャメロン知ってるよな?」と聞いても、たいてい「知らない」と答えます。

『タイタニック』『ターミネーター』『アバター』の人だよと言わないとわかりません。

ブロックバスター映画だけでなく、名作の監督もほとんど知られていないです。

誰もが認める、不朽の名作『ショーシャンクの空に』の監督、フランク・ダラボンを知っている人なんてほとんどいないです。

巨匠、スタンリー・キューブリックを知っている人もいません。そもそも『時計じかけのオレンジ』『2001年宇宙の旅』『博士の異常な愛情』を知っている人もいません。

フランシス・フォード・コッポラ(『ゴッドファーザー』『地獄の黙示録』)、マーティン・スコセッシ(『タクシー・ドライバー』『ディパーテッド』『シャッター・アイランド』)、ブライアン・デ・パルマ(『アンタッチャブル』『ミッション・インポッシブル』)、クエンティン・タランティーノ(『パルプ・フィクション』『イングロリアス・バスターズ』)というような、名だたる映画作家を知っている人も全然いません。

一般の人は映画に興味はないのが普通です。

世間的に知られている、『スパイダーマン』『パイレーツ・オブ・カリビアン』『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのような大ヒット作の監督を言える人もわずかです。

僕のような映画オタクはいくらでも名前が出てきますが、一般の人はそこまで、気にしないのです。

M・ナイト・シャマラン、クリスファー・ノーラン、ロン・ハワードの名前がわかれば、僕は感激です。『シクス・センス』『ダークナイト』『ダ・ヴィンチ・コード』を知らない人はいないのにもかかわらずみんな知らないです。

別に、監督の名前を覚えろというわけではないですが、「デヴィッド・フィンチャーいいよな」「いや、おれはサム・メンデスの方が好きだ」みたいな会話がしたいです。もろにオタクですけどね。



今年もこれから、いろんな映画が公開されますけど、爆弾が多いですね。

まず、『アイアンマン2』。すでに公開されていますけど、『1』よりも面白くないということもあってか、興行成績も意外に不調です。

『ナイト&デイ』。トム・クルーズとキャメロン・ディアスが組んだアクション・コメディです。アメリカではもう公開されてますが、最初の週末の成績が2000万ドル程度です。製作費が1億ドルを超えているのにこれではまずいでしょう。

『トイ・ストーリー3』とアダム・サンドラーのコメディに大きく離されています。

トム・クルーズのかっこよさでは観客は呼べないようですね。『M:I:Ⅲ』も製作費1億5000万ドルでしたが、北米では1億3000万ドルしか稼いでいません。『ワルキューレ』も8000万ドル程度でしたし、トム・クルーズも大変ですね。『トロピック・サンダー』に出たのは偉いと思いますが。

『インセプション』。クリストファー・ノーランも『ダークナイト』の次の監督作でつらいでしょうが、予告編はめちゃくちゃ面白そうです。

ヒットするなら大ヒット間違いないでしょう。しかし、『ダークナイト』のような有名な話(『バットマン』)ではないので、きついかもしれません。

しかし、僕は、クリストファー・ノーランを信用しています。なので、ヒットすると思っています。夏休みに観に行くつもりです。

そして、一番の爆弾、『エアベンダー』。監督はあの、M・ナイト・シャマランです。世間的には誰だよ?というところですが、一応『シックス・センス』で一躍有名になったんですけどね。その後は、爆発的なヒット作が出ないということで、「衝撃のオチあり映画」を捨てたようです。

個人的には、『レディ・イン・ザ・ウォーター』意外の、『サイン』『ヴィレッジ』『ハプニング』好きなんですけどね。『レディ~』は映画館で観なくてよかったと心底思いました。

『エアベンダー』は予告を観る限り、そんなに面白そうには見えないです。なので、こけると思っています。そこらへんが少し楽しみです。

シャマランも人の脚本を使えばいいのにと思います。デヴィッド・フィンチャーやマーティン・スコセッシだって人の脚本を使っていますし。『ファイト・クラブ』『セブン』『タクシー・ドライバー』は監督自身が書いた脚本ではないのですしね。

作家性を発揮できる人なんてごくわずかですもんね。監督と脚本を兼ねられる人なんてクエンティン・タランティーノとポール・トーマス・アンダーソンとウディ・アレンくらいじゃないでしょうか。ほかにもいるでしょうが。

次は、『プレデターズ』。ロバート・ロドリゲスもいまいち大ヒット作がないですよね。せいぜい『スパイ・キッズ』でしょうか。固定ファン(僕)は行くでしょうが、興味ない人はいかないでしょう。主演がエイドリアン・ブロディですし。

そして、『エクペンダブルズ』。シルベスター・スタローンが監督、脚本を兼ねるようですが、成績は少しう読めません。スタローンはいつもヤバいときは自分の作品でいつも復活しているので、今回もそれなりの結果を残すと思います。

『バイオ・ハザード4』はまあまあで終わりそうです。3Dになるそうですが、そこまでの集客は見込めない気がします。僕は、観に行きますけど。

『ウォール街2』。『1』を知っている若い人は皆無でしょう。なので、そこまでのヒットはしない気もしますが、堅実な感じで、まずまずという感じな気がします。僕はとても楽しみにしています。

『ソーシャル・ネットワーク』。デヴィッド・フィンチャーの最新作、「フェイスブック」創設の話らしいですが、有名な俳優が主演ではないのでそこまでの結果にはならないと思います。フィンチャーだけで人を呼べるかはきわどいところです。どちらかというと呼べないかも…

『ヒア・アフター』。本来は『Hereafter』です。クリント・イーストウッドの最新作。『インビクタス』が大ヒットというわけではなかったですが、今回もマット・デイモンが出演なので、場合によればまあまあな結果になると思います。

ブライス・ダラス・ハワードでは人は呼べないでしょう。ブライス・ダラス・ハワードはロン・ハワードの娘でシャマランの『ヴィレッジ』と『レディ・イン・ザ・ウォーター』、ほかには『ターミネーター4』に出てました。

『ナルニア国物語3』。『1』『2』と成績がどんどん落ちているので、微妙な結果だと思います。『らいらの冒険』といい『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』といい、『ハリー・ポッター』の二番煎じのような映画は大体ヒットしないです。

『トロン・レガシー』。僕は、劇場で予告編(3D)を観たので知っていますが、今知っている人はほとんどいないでしょう。

30年くらい前の『トロン』という、初めのCGによる映画の続編です。詳しいことは知りませんが、予告編はとても面白そうです。

主演にジェフ・ブリッジスが入っています。『アイアンマン』の敵です。いい感じの悪人顔で僕は好きです。監督は無名の人です。成績は意外によさそうだと思います。

とりあえず、2010年の予想はこんな感じです。『ハリー・ポッター』はどうせヒットなので予想しないです。

来年は、『トランス・フォーマー3』『スーパー8』『ミッション・インポッシブル4』あたりが待っています。楽しみです。

本当は、タランティーノの最新作が一番観たいです。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クリント・イーストウッド監督マット・デイモン主演スリラーetc

Hereafter <スリラー> 【監督】クリント・イーストウッド 【出演】マット・デイモン     ブライス・ダラス・ハワード 関連 Country Strong <音楽ドラマ> 【出演】グヴィネス・パルトロウ

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。