スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プレデターズ』

predators.jpg

監督:ニムロッド・アーントル
製作:ロバート・ロドリゲス
出演:エイドリアン・ブロディ、ローレンス・フィッシュバーン、ダニー・トレホ

ストーリー
傭兵のロイスは突如閃光に包まれ、気がつくとどこかの上空を落下していた。なんとかパラシュートを開き、着陸するがそこは得体の知れないジャングル。その後、すぐに同じように落下してきたエドウィン、クチロ、イサベル、ニコライ、ハンゾー、スタンズ、モンバサと合流し、エドウィン以外の7名は、軍人や殺し屋など「殺人」のプロフェッショナルであるという共通点を持っていることが判明する。8名はジャングルを脱出するため行動を共にし、やがて開けた場所に到着するが、空を見ると大きな星があり、ここが地球でないことを理解する。さらに謎の狩猟動物の襲撃に遭い、ついには、くくりつけられた生きたエイリアンを発見する。イサベルによるとそれは、かつてアメリカの特殊部隊員を襲った生命体の特徴に酷似しているという。その後、10シーズンもの間この惑星で生き抜いてきたというノーランドと合流し、彼の隠れ家で敵の正体や特徴を知り、生き抜くためにプレデターの宇宙船を奪い、利用することを決意する。
(wikipediaより)

『プレデター』というと、なんとかロードショーで1年に1度くらいやってそうな感じがしますが、名前くらいはしている人が大多数でしょう。

「あの気持ち悪そうな奴が出るんでしょ」とか「シュワちゃんが出てなかった?」くらいの認識が普通でしょう。

この『プレデターズ』もご多分にもれず、マニアというかファンの人以外は観ることのない作品です。

というのも、一応有名な俳優が出てるわけですけど、エイドリアン・ブロディとローレンス・フィッシュバーンの一般の知名度は低いでしょう。

前者は、名前すら聞いたことがないのが普通でしょう。『戦場のピアニスト』に出てオスカーもとっているんですけどね。

後者は、『マトリックス』に出てますけど、一般の人は主人公意外興味ないですから、気付かないでしょう。

ダニー・トレホに至っては、「誰?」というのが普通でしょう。ロバート・ロドリゲスの親戚なんですけどね。

てな訳で、俳優は一般的には無名ぞろいということもあり、興行成績はそんなに芳しくないです。ファンのためにあるような映画ですから問題ないでしょう。

設定はどこかの惑星に着いた人が、プレデターと戦うんですけど、どうやって来たのかは全くわかりません。

『1』『2』はプレデターが来たので整合性がありますが、『プレデターズ』ではよくわからないです。

しかし、そこに気を留めないのがファンです。そんなことは無視して人間VSプレデターを楽しみましょう。

映画の流れは、今までのシリーズとほぼ同じです。姿の見えない敵に味方が少しずつやられていくというものです。

しかし、今回は何人かで力を合わせて戦います。シュワルツェネガーではないので単独で倒すのは無理と製作側が考えたのでしょうか。

そして、本格的な対決になるんですけど、この辺で『アバター』が混じります。プレデターはやっぱり誇り高き戦士なんですね(透明な状態で狩りをするのは卑怯だと思いますけど)。

で、オチはわかる人にはわかるでしょうが、シャマランの『ハプニング』です。

そうでもしないと終わらないからでしょうね。

観終わった後に思いましたが、細かいところは無視してファンの皆で楽しむべき映画です。『1』『2』の小ネタとかは本当にどうでもいいです。

ただですね、もっとグロいかと思いました。

あと、犬が出てきましたが、あれはいいと思います。+αというのはいいですね。

オレンジの服を着た犯罪者が出てきますが、出てきた瞬間、あれはスティーヴ・ブシェミしか適役がいないと感じました。どう考えても、1人だけ人間が違います。

というか、「ミスターオレンジ」とか一体何なんですか。『レザボア・ドッグス』を思い出してしまいました。服がオレンジ色だからというだけなんでしょうけどね。

てなわけで、ファンの人が楽しむだけの映画です。オチは大したことないですが、普通に面白いです。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。