スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶が10分しか保てない男、『メメント』

memento.jpg

批評、興行成績ともに大成功を収めた『ダークナイト』からわずか2年で『インセプション』を完成させたクリストファー・ノーランが初めて世間に認められた作品です。

ほとんど単館系の映画だったのにもかかわらず、内容が凄いということで公開館数が500ほどまで拡大されたという逸話つきです。

『ダークナイト』は観た。『インセプション』も観た。ときたら、クリストファー・ノーランの過去の作品を観ないと罰が当たる、ということで、『プレステージ』の次に観たのがこの『メメント』です。

ストーリーは、

妻が強姦され殺害されてしまったレナードは、犯人の1人を殺すがもう1人の犯人に殴られて記憶が10分しか保てなくなる。復讐のためレナードはもう1人の犯人を記憶障害というハンデを背負いながら探す。


というものです。

観ていればだれでも思うことでしょうが、時間軸のずらし方がうまいです。

下手をしたら意味不明になってしまう題材なのにもかかわらず、非常にわかりやすく再構築しています。個人的にこの編集はうまいなと思ったのは初めてです。

事前に情報を入れないと、最初から意味がわからないんですけど、わざと意味のわからないように作っているんですね。

主人公のように事前の記憶がない状態である状況に取り込まれて、メモを参照しながら行動しなくてはならない。アイデアとしては素晴らしいです。

そのアイデアだけの、「出オチ」かと思いきや、さすがにクリストファー・ノーランです、ちゃんとオチを用意しています。

観客は型破りに進んでいく、ストーリーを追うので精一杯ですので、オチがあるとは思いません。犯人が見つかって終わりと思いきや、最後に一ひねり、何て凄い脚本なんだと思います。

10分前の記憶がない、メモだけが頼りというような設定を最大限に有効活用しています。

撮り方は全体的にいつも通り普通です。アクションシーンも忠実に撮っているので、マイケル・ベイのようによくわからなくなるということはないです。

クリストファー・ノーランは毎回そうですが、撮り方自体はオーソドックスで脚本や込められた意味で勝負をする映画監督です。

DVDには、時系列整理バージョンがありますけど、あれはいらないでしょう。

シャマランを軽く超えた男、クリストファー・ノーランの衝撃のオチ、刮目すべし!
スポンサーサイト

comment

Secret

よし次は、インソムニアだな。あの映画は不眠症…まぁ内容はいっか!

ちなみに俺の記憶は5フンまで。後は忘れる。しかし仕事はべつ。ほらよくいうでしょ。うはー腹一杯だべ~~もうなんも食えねぇよ~帰りの道中、ちょっとコンビニよって!腹いた?アイスとおつまみ唐揚げ買ってくる!さっき腹一杯って…デザートは別腹です。


メリハリは大事に
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。