スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間は大人になる、『トイ・ストーリー3』

toy story3

ストーリー

第1作目から10年後。おもちゃ達の持ち主であるアンディは17歳になっていて、おもちゃと遊ぶことからは卒業している。そして、もうすぐ大学に進学しようとしている。アンディは引っ越しに際して、長年のお気に入りだったカウボーイ人形のウッディだけを持っていき、アクション人形のバズをはじめとする他のおもちゃたちを屋根裏にしまうことを決めた。

ところが、屋根裏行きのおもちゃ達が手違いでゴミに出されるという事件が起こる。危ういところで難を逃れたおもちゃたちは、アンディに捨てられたと思い込み、地元の託児施設へ寄付されるおもちゃたちの段ボールに自ら入り込んだ。託児所「サニーサイド」のおもちゃたちに歓待を受けたバズたちは留まることを決意し、仲間を説得するために同行したウッディは諦めて去ってゆく。

だが、新入りのバズたちに割り当てられたのは、おもちゃを乱暴に扱う年少の子供たちが集う部屋だった。「サニーサイド」が強い人間不信を抱えるぬいぐるみのロッツォによっておもちゃの牢獄と化していることを知ったウッディは、仲間を救うために帰ってきた…
(ウィキペディアより)



ご存じ、ピクサーの原点にして世界初のフルCGの長編アニメーションです。

僕は、『1』『2』の両方とも昔観ましたが、全く覚えていないのですが、観に行きました。

素晴らしいです。

不覚にも泣きました。

主役はあくまでもおもちゃたちです。

そのおもちゃたちがアンディに裁かれる(行き先を決められる)わけですが、全員が同じところに行けるわけではありません。

全員がアンディのもとに残ろうとするわけですが、手違いでウッディ以外は保育園送りになります。

保育園は実は地獄でした。

これで映画の前提条件がそろいました。

ここから、「ウッディ以外のおもちゃに手違いだと教える」「保育園から脱出する」「アンディが大学に行く前までに」というミッションをこなすことになります。

ここから複雑にしかし見事に整理された脚本の片鱗を見せつけられることになります。

よくぞここまで描きこんだと思わせてくれます。

最後までテンポが落ちることなく観客を映画の世界にいざなってくれます。

おもちゃは変化しませんが、人間は成長するんですよね。

だからこそ、あのカタルシスにつながるんですよね。

笑い、友情、ドラマ、感動…などなどいろいろな要素を詰め込んで2時間で納めるとはピクサーおそるべしです。

個人的には『インセプション』の方が上ですが、今年観た映画の中でもかなり高評価の部類です。

ピクサーの自作にも期待させてもらいます。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。