スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の見方についての雑記

「電通社員のケツの穴についたクソでも舐めてこいよ!」踊る大捜査線3を巡る論争



はじめに言っときますけど、勝手に思ったことを書くだけです。自分の論が正しいとかいう気はさらさらないです。

少し前といっても7月の終わりごろ、上のリンク先である論争があったようです。ツイッターをいまこそやってますけど、当時は放置中で知らなかったです(情けない…)。

なんでも

「くだらない邦画をけなす風潮はおかしい」

とのことです。

論争を横で見ている分には楽しいっちゃあ楽しいですけど、あんまり愉快なものではないです。

反論という形ではなく、あくまで僕個人としての考えをこの先書いていきます。文句があったらコメントください。文句のコメントでも意外とブログ書いててよかったなと思えるんですよ、不思議と。

まず、映画の見方は自由だと思う。

僕は、映画評論と感想文の中間のような微妙な位置づけの駄文を書き連ねている。映画を見て思ったことを書いているわけだ。

別に僕は職業として映画評論家をやっているわけではない。なのでどんなゴミのような記事を書こうがそれは僕の勝手だ。

この前『インセプション』のことを書いたら、思ったよりも反響があった。結果としては僕の未熟な部分が浮き彫りになったようなものだった。

映画を見てどう考えようと各人の勝手だしどんなことを書こうとそれも各人の自由だ。なんせ、タダでやってるわけだし。

しかし、そこで自分が正しいとかいう意見は押しつける必要はないと思う(ここで僕が「押しつけるな」と書くと僕が押しつけたことになり、論理がはたんするのでやんわりとした表現で勘弁)。

『バカの壁』での主題は何かというと、僕は「人と人はわかりあえない」だと考えている。

友達に『X―MEN』が大好きな奴がいるけど僕は『X―MEN』を見るつもりはさらさらない。そいつとは全然映画の意見が合わない。でも、僕の好きな映画を押しつける気もない。所詮はその程度のものだと思う。

カスみたいな映画を見てそれで盛り上がるのは自由だろうけど、リンク先にもあるように(なかったかな?)町山智浩の行ったまんまの反応をする観客っつうのはちょっとなあ、と思う。深くは言及しないけど。

面白いと思えば面白いと言えばいいし、つまらないならつまらないと言えばいい。それができるのがアマチュアの特権だと思う。

結局なにが言いたいのか自分でもさっぱりなのだがそれで構わない。映画なんて好きに見ればいい。これが正しいストーリー、寓意だという余地はあるだろうが(町山智浩の『映画の見方がわかる本』は素晴らしい本だ)、押しつける必要はないと思う。

僕が映画をアホみたいに見続けるのは面白い映画を見たいから、何度も見たくなるような映画を探しているからだ(現にいくつか見つかった)。

これは僕の映画の見方であり、人それぞれの見方があるだろう。好きな俳優が出ているからそのためだけに観る人もいるだろうし。音楽を楽しむ人もいる。はたまた作品全体を酷評するためだけに見る人もいるだろう。

そんなの人の勝手だ。

ケチをつける方が間違っていると僕は思う。

この文章を読んでどう思うのかということも人の勝手だ。どうせなら思ったことをコメントに書いてほしい。けんか腰でもいいし、賛同したという意思表示でもいい。予想外のことが起こるからこそ面白いのだ。

論理がおそらく破たんしているだろうし、同じことを何度も書いている。それはそれで僕のある種作家性みたいなものだと考えればいい。

僕の友人のブログを僕はいつも楽しみにしていたのだが(残念なことに今は公開していない)、失礼だが、僕はそのブログの持つ絶妙なつまらなさが好きだったのだ。

眠ってしまうほどつまらない授業よりは面白いけど、司馬遼太郎の『国取り物語』にははるかに及ばないそのつまらなさが僕は好きだったのだ。

僕のこの文章を面白いと感じる人もいるだろうし、クソだと思う人もいる。それはあらゆる分野で共通する。だからそこで論争をするのはショーとしてはずいぶんと面白いがやる方としては少々不快だと思おう。

だから、僕は押し付けない主義で行こうと思う。

ま、映画を楽しむのが僕の中では一番であることの変わりはない。

長文失礼いたしました。
スポンサーサイト

comment

Secret

違う意見がでればでるほど視野がひろくなっていいよな!
楽しいって感情は他人は関係なく自分がそう感じれば楽しいわけだから人に迷惑かけないかぎり好き勝手やっちゃっていいよね !!

Re: タイトルなし

他人に迷惑をかければ何でもしていいのかっていうのは、ちょっとわからないですね。今考えていることの一つなんであまり強くは言えないんですけどね。
今のところの意見だと、節度をある程度は守ったうえでならOKというところです。

他者の意見を知ると、自分の視野が広がりますよね。

拝啓

この前のインセプションは、確かにいいすぎた。ちょっと携帯いじっていたら、お、口だけ達者なエセ評論家おるやんけ、ほないってみましょかってのりで、、確かにインセプションは素晴らしい作品。その証拠にIMDbの評価もいいし、その結果として興行に直結している。

また君の文章は的を得ているので、中々反論できない人が多いはず。だが!批判は人それぞれだし、バイトなのか社員なのか学生なのか知らないけど、それぞれのポジションによって感性変わるでしょ。例えば、大の巨人ファンがいる。負けたら飯が喉を通らないって人もいる位だ。そこまでいく人が、真のファンなのか?否。そういった感性だ。映画を語るのは人それぞれ自由。


インセプションの時はやたら批判しているやつに物申す的な態度だったしな。ペッコダメだっぺ



ただ、エックスMEN3は面白いぞ。時間も106分位かな確か、1は115分位、2は130分位だった気がするが、3は特にVFXが圧巻。まぁ嫌なのはわかっているけど100円レンタルしてみなさい。無理!っておっしゃるならおごってやるからみなさい。そして何がダメなのか実に聞きたいものですね。勿論感想に対して肯定も否定もしませんよ我輩は。アイアンマンよりは面白いと思う。どうしても俺はみないという姿勢であれば、単純に強情かキャストが嫌いとかアメコミNGかTSUTAYAいくまでが億劫かという事になるな。アメコミNGということはスパイダーマンもNGって事になるな…

まぁ所詮俺はアマチュア(ノンプロ)なので笑
深く考えない考えない。余計な神経使うと白髪増えまっせ。


ただシネマ旬報という雑誌で自分の好きな映画を思いっきり酷評していたのはたまらんかったな…当然買わねぇけど。図書館で読んだ。まぁ評論家のバカどもが、面白いといっている映画は、俺からすればもれなく糞映画ですからね。人それぞれなんですよ管理人さん…
敬貝

>沈黙の祭りじゃいさん
アメコミ映画はまだ手をつけてないです。『バットマン』シリーズは『ダークナイト』だけ、『スパイダーマン』シリーズは『1』だけ。
大作映画って劇場で見たいのであんまり家じゃ見ないんですよね。
これを機にアメコミ映画も見ることにしましょうかね。まずは、『スパイダーマン』シリーズから。

そうか。劇場派か……でもノーラン万歳なら、バットマンビギンズみなあかんやろ。大好きな渡辺犬さんでてるで。ほらおぬしのブログ書評映画なんとかでしょ。語るなら数多くの映画みないと。
言われてから、ハイハイみますよみたいなやる気じゃろくな書評できひんぞ。自分の意志でみないとな。あなたも洋画>邦画っぽいし。

Re: タイトルなし

>沈黙の祭りじゃいさん
『バットマンビギンズ』を見ていないのは情けない限りです。
まあ、ノーランよりもタランティーノ万歳ですね。

アメコミはいずれ見るだろうからということで、今はばらばらな感じに見てますね。
まずは全体を知る感じで見てるんで、アメコミまで手が届いていないです。

どちらかというと洋画派ですね。邦画で好きなのは、北野武くらいです。

あ、タランティノ大好きだったので…ごめんね…けなしてごめんね。携帯から書き込みしてるからごちゃごちゃの発言になって恐縮だな。なのでスライけなしてもいいぜ。自分の好きな監督兼俳優けなされたらそりゃ気分悪いよな…俺だったら速攻でアクセス禁止だな。すみませんでした
m(__)m

Re: タイトルなし

>沈黙の祭りじゃいさん
別にけなされたっていいですよ。批判が的確ならね。
『サマーウォーズ』とか町山智浩が批判してますけど、的確なので別に反論する気にもならないです。でも、僕が『サマーウォーズ』が好きなことには変わりはないですからね。

タランティーノだってダメなところはダメって言われても仕方ないですよ。「『イングロ』は戦争映画のくせに銃撃戦が全然ねーぞ!」とか、「バスターズ、ユダヤの熊とヒューゴ以外は影が薄いぞ」とかね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。