スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミー賞なんかくそくらえ

アカデミー賞は映画祭の中でも一番権威のある賞だとされていますけど、所詮は賞の一つです。アカデミー賞をとってるから傑作とかいうのは変な話でしょう。

ひとつ前のエントリーでも似たようなことを書きましたけど、賞をとらなくてもいい映画はたくさんあります。

賞をとらない映画をほめてる俺かっこいいと思ってんだろといわれるかも知れませんけど、本当にいい映画はいい映画だと思っているだけです。

僕の好きな映画は、アカデミー作品賞をとっていないものが多いです。今のとこの自分のオールタイムベスト映画(随分と貧弱ですけど)は、
『時計じかけのオレンジ』
『プライベート・ライアン』
『グラントリノ』
『タクシー・ドライバー』
『マグノリア』
『ファイト・クラブ』
『イングロリアス・バスターズ』
『インビクタス』
『サマーウォーズ』
『インセプション』です。
次点は『大脱走』他沢山です。

『インセプション』はまだ分かりませんけど、アカデミー作品賞をとった作品は一つもありません。しかし、僕は全部いい映画だと思っています。

アカデミー作品賞をとったということは、あくまで最大公約数的に評価されたというだけことです。しかし、アカデミー作品賞をとったから絶対にいい作品なんだと思ってしまう輩がいることがいけないのです。

もちろんアカデミー作品賞を受賞した映画でもいいのはありますよ。『アメリカンビューティー』『ブレイブハート』『カッコーの巣の上で』『レインマン』『ノーカントリー』(あの年は『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の方がいい作品でしたが)などです。

ですが、やはりアカデミー賞をとってない傑作映画や監督はうじゃうじゃいます。

監督なら、ポール・トーマス・アンダーソン、アルフレッド・ヒッチコック、クエンティン・タランティーノ、ロバート・アルトマン、デヴィッド・リンチ、デヴィッド・クローネンバーグ、リドリー・スコット、デヴィッド・フィンチャー、フランク・ダラボン、スタンリー・キューブリックらです、そうそうたるメンバーですよね。

作品なら枚挙に暇がありません。

アカデミー賞は所詮その程度っていうことを認識してほしいです。あくまでも賞のひとつ物差しは一つではないんです。

個人的には、世界三大映画祭の方が信用できる気がします。もちろん変な作品を選ぶこともありますが。

それにして、松本人志が『マグノリア』を「長くてよくわからない映画だから賞でもあげればいいかということで賞をもらった」というようなことを書いていることはいくらなんでもひどいと思います。『マグノリア』はアカデミー脚本賞を受賞しても何ら遜色ない映画です。ヴェネチア国際映画祭の人たちが評価してくれたので本当によかったと思います。

アカデミー賞をとろうがとるまいがいい映画はいい映画なのです。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

マグノリア、脚本の他にエイミー・マンの最後の歌の「save me」でノミネートはされたけれど
受賞はできませんでしたよね。。。
最後を締める素晴らしい楽曲だったのにー。

Re: No title

どんな歌か失念してしまったので、Youtubeで聴いてきました。
哀愁漂うメロディーがいいですね。

でも、僕は、同じエイミー・マン『wise up』の方が好きですね。

歌謡曲賞をとった『You'll Be in My Heart』なら負けても仕方ないかなと思いますけど。

あ、ごめんごめん♪イングロリアスバスターズ好きだったんだね!タランティーノも好きだったんだね。なるほどなるほど糞味噌にいってごめんね!


どうやら僕の好きなジャンルと全然異なるみたいですね。そりゃ対立するわけだ爆笑。こりゃまいったねドリフの大爆笑アハハ 


松本人志くんのシネマ坊主も図書館で読んだけどまぁまぁ…ふーんて感じです。俺と同じBなので感性はだいぶ似ていたかなと。まぁ所詮ただの坊主ですからね彼は。


ハートロッカー…興行成績低すぎ!でも賞とれちゃう。トランスファーマー2、4億ドル現在歴代11位ラジー賞、インディー4、3億ドルでも最低続編賞受賞。


でも俺はマイケルベイ監督をもっと評価してもいいと思うけどね。なんだかんだでしっかり結果だしてるし。なんかの書き込みでベイが今のハリウッド映画をダメにしているっていってるやつがいたね。確かにアカデミーとは無縁だけどアクションエンターテインメントを創る事に関しては、最高の監督なはず。特にアメリカ軍の描き方は格好よく、現にペンタゴンも彼に対しては協力的。軍人には大人気、まぁ、あの圧倒的破壊行為に対して否定的なんだろうな~…多分管理人様も

ザロックで街中暴走。それが爽快なのだ!パールハーバーでは、日本軍の戦闘機が全然違うとかブーイングの嵐。そんなことはどうでもいいだべ~

>沈黙の祭りじゃいさん
マイケル・ベイは僕も好きですよ。作品が成立しないところをCGやジョークでごり押しするところが彼の持ち味でしょう。
批評なんて彼には不要でしょう。映画というよりアトラクションですからね。いい意味で。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。