スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おまえは、いまどこにいる?」『殺人の追憶』

memories of murder

ストーリー

1986年、ソウル近郊の小さな村で手足を縛られた女性の変死体が発見される。地元刑事のパク(ソン・ガンホ)が捜査に当たるが、手がかりのないまま、新たな犠牲者を出してしまう。ソウル市警からソ刑事(キム・サンギョン)が派遣されるも、パクとソは、捜査方法の違い、容疑者を特定できない焦りから衝突ばかり。その間にも犠牲者は増え続け、やがてパクたちは有力な容疑者、ヒョンギュを捕まえる。証拠不十分でヒョンギュを拘束できないパクたちは、DNA鑑定の結果を待つが…。
(goo映画より)



韓国映画は長い間いい作品が多いというのは情報としては知っていたが、言葉もまったくわからないし、なんだか嫌だったので長い間放置していた。唯一見たのはクエンティン・タランティーノがカンヌ国際映画祭で賞を与えた『オールド・ボーイ』だけだった。

『オールド・ボーイ』はいい作品だったが、韓国映画も見る気にはあまりならなかった。しかし、『映画秘宝』の「ゼロ年代ベストテン」で1位なのだかたということで見ることにした。

結局どうだったかというと、これは今まで見ていなかった方がバカだったと思った。本当に腰を抜かしたという表現がぴったりな映画だった。

これは非常に現代的な映画、言い換えればゼロ年代以降の映画だ。

というのも、かつてあった世界はいつの間にかなくなっていて、よくわからないものが身辺をうごめく世界になったということを事細かに描き出しているからだ。

現代的な映画の例としては、『アウトレイジ』『ノーカントリー』『グラントリノ』があてはまる。

主人公たちにとっては当然の光景だったのに、いつのまにか風景は同じでもまったく別の場所になってしまっている。そこを描くのが非常にうまい。

事件が発生し昔ながらの捜査方法で犯人を探す。しかし、まったく手がかりさえつかめない。ソウルから来た刑事はまったく違う分析的な操作方法で犯人を探す。だがこちらも、犯人を捕まえられない。

当初は村を中心に描いていたが、突如工場が姿を現す。そこにいるのは、まったく誰だかわからない人ばかり。流動性の高い社会だ。

これは現代的という以外に何と形容すればよいのだろう。

僕らが街で「不審者を見かけたら」という張り紙を目にする。しかし、街の中で知っている人なんてそうそういない。隣がいいところだ。マンションのような集合住宅なら確実に知らない人だらけだ。

昔気質の生き方ではうまく渡ってはいけないのだ。

この映画は現代社会の持つ問題をうまく描き出している。

サスペンスとしても非常によくできているが、象徴となっている部分も素晴らしくよくできた作品だ。

日本映画は韓国映画に完全に負けたとしか思えない。『ルーキーズ』や『アリエッティ』というような生ぬるい映画ばかり見ていてはやはりだめだということを痛感させてくれる映画だった。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラザー工業 インクカートリッジ LC11インク4色(BK/C/M/Y)パック LC11-4PK |

ブラザー工業 インクカートリッジ LC11インク4色(BK/C/M/Y)パック ...

comment

Secret

ただ今大雨

殺人の追憶か……懐かしい映画や……忘れてしまったからなんともいえないが、確か怪しい奴は、どんどんしょっぴくって捜査していたような…そして犯人は逮捕できなかったような……まぁわくわくどきどき感はあるよな。ソンガンホは名優だから、韓国歴代一位のグエムル漢江の怪物は鑑賞されてはいかがでしょうか。ガンホの演技に注目!あまり面白くなかったけど。 


でも韓国映画は、かなり面白いよ。オールドボーイのチェミンシクもよかった。そして1999年映画の大ヒット、シュリでも悪役として存在感たっぷり。ハンソッキュの同僚でソンガンホもでてる。

そしてプライベートライアンが好きなら、ブラザーフッドはみておかないと。この戦争映画は感動する。同じ時期に公開されたシルミド!これが一番好きです♪金日成の首をとる!


日本映画は、かなり古いけどあぶない刑事以外は糞みたいなもんですよ。でもインセプションの渡辺県主演の明日の記憶…これはよかったなぁ~

日本映画もいい作品はあるけど、なんかぱっとする作品がないのよね。もれなく糞映画ばかりだし。日本は所詮お笑いとクイズだけですから。

長文すみませんね。なんせ久しぶりなもんで

Re: ただ今大雨

>沈黙の祭りさん
日本映画だと最近はいいのが本当にないという印象しか受けませんね。いくらヒットしようがどうせダメな作品としか思えないですし。国内だけで回すからそんなことになっちゃうんですよね。

『オールド・ボーイ』もかなりの傑作ですよね。あんな映画を日本で見れるときは来るのでしょうかね。

『ブラザー・フッド』は学校の先生に勧められたまま、放置中です。多分面白いだろうけど、韓国映画だし…、とか思ってたのでまだ見てないんです。いずれ見るでしょうけど。

韓国映画は次に『母なる証明』『渇き』『JSA』『シュリ』あたりを見たいですね。

かなり古い映画JSA、まぁそこそこ新しい映画母なる証明、も悪くなかった。しかし懐かしいな~~。それより男臭満開のシルミド!これで決まり!これぞ漢祭り!

日本映画はタイ映画よりもつまらないかも。ん、どっこいどっこいか。北野武が好きなんだべ。じゃタイの北野武と言われている、ペットターイウォンカムラオの作品はおさえておかないとな。マッハ!にでているトニージャーと仲良しの小さいデブ。

Re: タイトルなし

>沈黙の祭りさん
『シルミド』、忘れてましたよ。友人にいい作品よと薦められていたのに、ずっと放置していましたよ。もうね、見たいし見なきゃいけない作品もものすごくたくさんありますよ。列挙するときりがないくらいです。

『マッハ!』は深夜にテレビで見ました。あれは人間越えてるんじゃないかというくらいすごい作品でしたね。

ペットターイウォンカムラオですね。チェックしておきます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。