スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワルキューレ

今日、映画「ワルキューレ」を観てきました。
ワルキューレ公式サイト
すばらしい作品でした。今年見た中で一番だと私は思います。

監督は「Xメン」のブライアン・シンガー、主演はトム・クルーズです。トムクルーズはこの物語の主人公であるシュタウフェンベルク大佐を演じています。シュタウフェンベルク大佐は実在した人物です。

第2次世界大戦時、世界が独裁者ヒトラーに従っていた時、シュタウフェンベルク大佐は祖国ドイツのために自分の良心に従い、ヒトラー暗殺計画を企てる。というストーリーです。広告にあるように作戦時間は「10分」というのも結構みそです。

タイトルの「ワルキューレ」は、作戦の名前です。さらに詳しく書くと、「ワルキューレ」はヒトラーが国内クデターに備えた危機管理のオペレーションのことで、シュタウフェンベルク大佐はそのオペレーションをを利用しようとしました。これ以上書くとネタバレになるので書きません。

この映画は、久しぶりに泣かせてくれる映画でした。題材が、事実に基づいているというのがさらに泣かせてくれます。

シュタウフェンベルク大佐は、相当な英雄です。というのは第二次世界大戦時のドイツの軍人で記念碑が建っているのはシュタウフェンベルク大佐だけらしいからです。そんな英雄にアメリカ人であるトム・クルーズが演じるというのは相当な重圧だったと思いますが、さすがトム・クルーズです。見事な演技でした。監督のブライアン・シンガーもすばらしい作品を撮ったなと思いました。

シュタウフェンベルク大佐は、自分の良心に従いました。私が、この立場だったらと考えるとかなり悩んでしまいます。わざわざ反逆者にはなりたくありませんし、かといって祖国を裏切りたくもない。そんな葛藤を抱きながらよく行動できたと思います。人生にはここまでではないかと思いますが決断の必要なときが必ず来るはずです。そんなときは、一度決断したら、何があっても突き進んでいけるようになりたいです。

ナチスの蔓延った時代にも真のドイツ人がいたというのは驚きでした。正義とは、何かはわかりませんが、いつの時代にも正義の味方はいるものなのですね。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。