スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年の映画ベストテン

早いもので、1月2日に『ワンピース』を見て、0巻を貰ってからあれよあれよという間にもう年の瀬。

今年は、けっこういい映画を劇場で見られたと思う。小粒ながらよくできた作品をいくつか見過ごしたのは惜しいところだが。

というわけで、2010年の映画ベストテン。

1.『インセプション』
2.『ヒックとドラゴン』
3.『キック・アス』
4.『アウトレイジ』
5.『トイストーリー3』
6.『(500)日のサマー』
7.『マイレージ、マイライフ』
8.『第9地区』
9.『ロビン・フッド』
10.『インビクタス 負けざる者たち』

『インセプション』

クリストファー・ノーランの作品を初めて劇場で見ることができた。ティーザー予告の段階で見ることを決めて、期待しまくった作品。期待を遥かに上回るできだった。

そんなわけで、劇場で4回見た。

個人的には、キックをそろえるあたりがぐっときた。


『ヒックとドラゴン』

『トイストーリー3』ももちろん素晴らしかったけど、いかにもというストーリーを突き詰めてくれたのがよかった。

『トイストーリー3』よりも感情移入できたのでこの順位。


『キック・アス』
映画秘宝まつりにまで行って見た作品。

当初は斜に構えていたが、どんどん繰り出されるネタに気づいたらのめり込んでいた。

アメコミって凄いなと改めて思った作品。


『アウトレイジ』

初めて見た北野武の作品。まったくもって飽きさせないストーリーで、続編も楽しみにしている。


『トイストーリー3』

今年、世界で一番見られた作品。最初から最後まで泣いていた(笑)

ピクサーって恐ろしい会社だよな。


『(500)日のサマー』

よくわからないけど評判いいからってことで見に行ったらこれがめちゃくちゃ面白い。

非モテ、草食系(実態はチキン)の僕にはピッタリな映画だった。

恋愛ってやっぱいいな。


『マイレージ、マイライフ』

大好きなジョージ・クルーニーが出ていた。そのジョージ・クルーニーがかっこよく仕事をするんだからいいに決まってる。

ラストはもっと直接的にしてほしかった。頭の少々弱い僕のためにも。


『第9地区』

映画ブロガーのほぼ全員が絶賛の作品。僕も大好きだけど、そこまでかなというくらい。

といっても、劇場で泣きましたけどね。


『ロビン・フッド』

アメリカではコケたが、さすがのリドリー・スコット、アクションが素晴らしい。

欲を言えば、ケイト・ブランシェットよりも美人を配置してほしかった。もちろん、ケイト・ブランシェットもいいけどね。


特別賞
『エクスペンダブルズ』

もちろん、これを忘れるわけにはいかない。

80年代アクションを知らない世代の僕に筋肉バカ映画とは何かを教えてくれた作品。

脚本がぶっこわれてるなはご愛敬。スタローンは脚本を100回リライト、推敲したらしいけど、嘘だろ。

ワースト
『ノルウェイの森』

世界のムラカミ原作の同名小説の映画化作品。

賛否両論の作品だけど、僕は全く乗れなかった。中途半端に原作のシーンを切り抜いただけのように思えた。

それに、原作よりエロくなかった。そこは大問題だろう。




ランキングはいたって平凡です。『息もできない』や『闇の列車、光の旅』のような単館系に近い作品をあまり見なかったことも原因です。

来年は、微妙な作品よりそういった作品を見るようにします。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。