スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『阿修羅ガール』舞城王太郎


阿修羅ガール (新潮文庫)阿修羅ガール (新潮文庫)
(2005/04)
舞城 王太郎

商品詳細を見る


舞城王太郎の作品で初めて読んだのは『煙か土か食い物』だった。大森望と豊崎由美の『文学賞メッタ切り』で、メフィスト賞がかなりこのう評価ということで名前の知っていた舞城王太郎に手を出したのだ。

『煙か土か食い物』は、普段ミステリなど読まない僕が、あれよあれよとラストまであっという間にたどり着いてしまうような作品だった。ミステリの文法は一切知らないが、どう考えても普通ではない想像力が出現したんだなと感じた。

そしてこの『阿修羅ガール』。三島由紀夫賞の受賞作品だそうだ。なにかしらの賞を受けているならいいんじゃないかと思い、読んだ。

相変わらずの舞城節だった。

視点もどんどん変わり、次々に現れる場面にめまいを覚えそうになる。何が何だか把握するのが精いっぱいというところだろうか。

しかし、異常なまでの技法を持っていることを感じさせる。従来の小説えはまずお目にかからないような技がどんどんでてくる。

また、やはり特筆すべきなのは、想像力に他ならないと思う。

随分と場面が飛んだり、舞台も変化するが、すべてが実はつながっている。しかし、その数が異常だ。よくもおも思いつくなと思わずにはいられないほどたくさんの世界が登場する。

いわば、クエンティン・タランティーノの『キルビル』のような、舞城王太郎の世界が物語になっているということでもある。

自分の世界であるため、ストーリーはあるがない。それで最後まで引っ張るのだ。それができるのが舞城王太郎なのだ。

僕の想像力をはるかに超えているので、解釈しきれない部分もたくさんあったことを付記しておく。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。