スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ワイルドスピード MEGA MAX』楽しければそれでいいじゃない

タイトルが面倒ですね。原題は『Fast Five』と楽なもんです。続編の製作が決まっているらしいですが、タイトルはどうなるんでしょうかね。

誰かが、映画とは芸術と娯楽の中間である、とか言ってますけど、この作品にはまったくあてはまりませんね。娯楽性だけを追求した興行製品です、別の言葉で言うと、アトラクションです。

否定的に言っているわけではなく、逆に最上級のほめことばのつもりです。見た後に見たものすべてを忘れることができるのも映画の醍醐味です。

ずっと引っ掛かって残り続ける映画もいいですし、その対極に位置する完全なバカ映画の白眉です。

『アウトレイジ』で、過剰な暴力がずっと描かれ続けるだめ、後半に行くに従いアクションとしての魅力が落ちていくように、同じ手を返す返す見せても満足のいく結果にはなりません。

しかし今作では、アクションのバリエーションそして量ともどもちょうどいい案配になっています。冒頭の脱出シーンからカーアクションという土台ではありながらも、決して同じ手を繰り返さない姿勢は是非とも称賛されるべきです。

終わってみて「何度アクションがあっただろうか?」という考えが思いあがりましたが、わかりません。数える気にもなりません。映画を思いだしたくもないのです。劇場の中で嵐のように過ぎ去っていくというだけで十分なのです。あとは「楽しかった」という思い出だけを持って帰れればいいのです。

細かいところをつついても無駄です。本当に娯楽として優れいている。それだけで語るに落ちます。

予告を見て、面白そうと思い、そして劇場に駆けつける。これだけでいいのです。『時計じかけのオレンジ』のような心震える恍惚感はまったく味わえませんがそれがなんです。頭をからっぽにして見るのにここまで適した作品は近年そうそう出会ってはいないです。

ごたくを並べるのはもう十分です。映画館へ行きましょう。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【『ワイルドスピード 】

タイトルが面倒ですね。原題は『Fast Five』と楽なもんです。続編の製作が決まっているらしいですが、タイ

comment

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。