スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第84回アカデミー賞のノミネートについて

ノミネート結果

最近は忙しかったりしてチェックしてませんでしたが、ノミネートはとっくに終わってたんですね。

で、第84回アカデミー賞ノミネーションは例年以上に波乱含み!レオ、スピルバーグ嫌いが鮮明に!?という記事を読んで思うところがあったので、つらつら夫書きます。

まず、レオナルド・ディカプリオは好きな俳優ではありますが、ノミネートされないのは当然でしょう。いろいろな作品を見ても、頑張っているとは思いますが、まだ早いと思います。やはり彼よりも縁起のうまい俳優も多いですし。いま、受賞しても周りが納得しないので妥当だと思います。

そして、デヴィッド・フィンチャーがさスルーれるのは仕方ないような気もします。まず、『ドラゴンタトゥーの女』はスウェーデンのスタッフがメインですし(彼自身「ハリウッド映画じゃない」といってますし)、フィンチャー自体がアンチハリウッドなところあるので敬遠されてもおかしくないと思います。

だいたい、あのあたりの世代だとクエンティン・タランティーノ、ダーレンアロノフスキー、クリストファー・ノーラン、デヴィッド・フィンチャーあたりはアカデミー賞からあまり好かれているとは思えないので、監督賞をもらわずに終わるのではと思っています。タランティーノを除く3人は、監督賞をもらわなかった人こそキューブリック(監督賞をもらっていない)の後継者に結果的にあたるんだろうなと思っています。

また、スピルバーグとイーストウッドも黙殺されていますが、まあ仕方ないでしょう。二人とも監督賞を2回もらってますし、イーストウッドなんてこの先何回もらってもおかしくないような監督なので、毎度ノミネートするといろいろとアレなんじゃないですかね。本来なら『グラントリノ』でまた受賞しても いいくらいなのに無視ですからね。

アカデミー賞といえども、本当にいい作品を選出するわけじゃないので裏で繰り広げられているであろう政治闘争を予想して楽しむのが一番いいんじゃないのと思ってます。

しかし、去年の『英国王のスピーチ』はがっかりでした。あの『ソーシャルネットワーク』でも負けたわけなので、フィンチャーは一生アカデミー賞をもらえないだろうなという気がします。

最後に、改めて作品賞のリストを眺めましたけど、つまらなそうなアカデミー賞ですね。『ハリーポッター』と『ドライブ』と『ドラゴンタトゥーの女』をつっこめば面白そうなのにね・・・

予想としては、『ヒューゴ』か『ヘルプ』ですが、前者にしておきます。というか、なぜスコセッシのアカデミー賞が『ディパーテッド』なんですかね・・・
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【第84回アカデミー賞の】

ノミネート結果最近は忙しかったりしてチェックしてませんでしたが、ノミネートはとっくに終わってたんで

comment

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。