スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評

書評とは文字通り本を批評することです。しかし、書評のあるべき姿は何なのでしょう?

書評は、その書籍の要約を書いて、自分の意見を書くだけのものでしょうか。

私は、本を評価し、知識をつなげるためのものだと考えています。

辞書を英語に訳すと、encyclopediaになります。この単語のcycloの部分は、cycleという単語に酷似しています。つまり、知識はひとつのつながりになっているということです。

本の要約をして意見を書くだけなら、誰でもできます。しかし、知識をつなげるということは大変難しいことです。だからこそ、プロの方にしか書評の依頼は来ません。アマとプロの差はそこにあります。1冊の本からどのようなことを吸収し、自分の知識とつなげ、発信するかが2つの分かれ目です。

知識というものは、単独ではほとんど役に立ちません。たとえば、英語なら単語だけ知っていては意味がありません。文法を学び、文章の中で使い方を知ってこそ本当に役立ったといえます。

書評家(こんな職業はありませんが)の仕事は、要約して感想かいて3,4行で終わりというわけにはいきません。いろいろなブログを覗いてみると、題名と感想だけで終わっているブログや、要約と感想で終わってるブログがたくさんあります。

私にとって、読書は遊びみたいなものですが、ブログを書くときは真剣になります。それは、読書は勉強と同じだからです。

書評というのは手を抜こうと思えばいくらでも抜けます。たとえばこんな感じ。


      今日『竜馬がゆく』を読んだ。竜馬のすごさがわかった。
      司馬遼太郎は、やっぱりすごいなと感じた。
      幕末はやっぱり面白い。


こんなものでも、一応は書評である。確かに、最初はそれでもいいがずっとこの調子では困る。あなたは何のために本を読んで書評を書いているのですか?と聞きたくなる。もちろん、しっかりとした内容の人もいるが、知識に対して何にも思わなくなっている現代人が増えていることは間違いない。知識がすべてではないが、興味を持って調べるくらいの気持ちも必要だと思う。教養が切り捨てられる時代だからこそ、知識を貪欲に吸収し、書評へとつなげて行ってほしい。少なくとも、コピペや感想だけで終わる書評はやめてもらいたい。

私だって、今まで書いてきたことがすべて実践できているわけではない。しかし、それに近づく努力はしているつもりです。生物は常に進化を遂げている。自分が進化するのを止めてはならないと私は感じている。どんなところでも、価値のある話をすることができる世の中になると私は楽しいと思う。もっと謙虚にそして貪欲に知識を吸収する姿勢を身につけてもらいたい。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。