スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

007 カジノ・ロワイヤル

DVDで、『007カジノ・ロワイヤル』を観た。

ダニエル・クレイグの初ジェームズ・ボンド作品だった。

英語でも何とかわかるのだが、わかりやすい日本語吹き替えで観た。前に一回観たのだがそのときよりは理解度は増していた。

なぜ007の話は分かりづらいのか、なぜ登場人物の顔は把握しにくいかとよく思う。

一度出てきた人物でも、よくこいつは誰だっけということになる。
伏線があまりにも多い。その辺が邦画との違いかな。
邦画はこのカットはこの後どうなるかなと考えても素通りすることが結構な確率である。でも、洋画は全部がつながっているから、逆に大変です。

あと、ダニエル・クレイグの声を聞いているとなぜか眠くなる。吹き替えだと普通に観れるが、一回目は英語で聴いていたので恐ろしく眠かった。自分の英語力のなさだと思うけど。

映画自体は結構長い。2時間30分近くある。最後のほうで、急に謎解きみたいな感じになるので頭を回さなくては話に追いつけない。裏まで理解しないと、次に進んでしまうのでそこらへんが不親切だなあ。人間関係が特に複雑。『カジノ・ロワイヤル』に出た人が、『007慰めの報酬』に数人出ていることを改めて知った。続編は面倒だな。007がシリアス化したから。

まあ、アクションだけでも面白い。そこだけ観てもたぶんつまらないだろうけど。それと、会話がかなり笑えた、イニシャルトークがずいぶんとあった。家で観ながら、ゲラゲラ笑ってしまった。誰も見ないブログを書くのはそれ以上に面白いけど。

007は今、5,6作品くらいは観ているけど、全部見るのには時間がかかりそう。当たり前か。約20作品あるわけですから。新しい作品を観ると昔の映像に耐えられるかが正直不安です。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。