スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物を語る資格

私はよく、自分はこのことについて発言をする資格はあるのだろうかと考えます。

発言をするというのは自分の言葉に責任を持つことです。というkとは、自分が行ったことは自分で受けとめる必要があるということです。

私は、評論家が嫌いです。職業としての評論家ではなく人を評価する人のことです。そう言っている私自身も評論家になっていると思いますが。

人は発言をすると「~べきだ」「あれはだめだ」のように否定をして自分の言いたいことを言います。しかし、それはいいことなのでしょうか、お笑い芸人を批判する場合、おまえはその芸人よりも面白いのか?文学を否定する場合、おまえはその人以上の作品を書けるのかとよく思います。

人を評価できるのはその人よりも能力的に上回っている人だと私は思っているのです。

自分がやってもいないことについて批判したりするのは良くないことだと思っています。雑誌などを読んでいると、人の批判を書いている場合があるのですが、おまえはその人以上のことをしたのかと言いたくなります。

批判した上で、こうしたらいいと提言するなら文句はありません。しかし、そのようなことも書かずにただ批判する人は多くいます。それではいけません。

否定をするなといわけでも何でもなく、
・自分に語る資格はあるか考えろ
・否定するなら改善策を言え
ということが伝えたいだけなのです。

私自身、できているわけではありませんが、その状態に近付きたいと思っています。

勉強をしていない親に勉強をしろと言われたくはないでしょう?
嘘つきに嘘をつくなとは言われたくないでしょう?
いつも遅刻する人に、時間を守れと言われたくないでしょう?

そういうことです。私は、一度そのことについて考えてもらいたいと思っています。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。