スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スラムドッグ$ミリオネア

アカデミー賞8冠の実力はどの程度か知りたいので観に行きました。

普通の映画とはやはりりちがうといった感想です。

ただ、8冠というほどの衝撃はありませんでした。なんだこれは!と驚くような作品ではなかったです。


ストーリーは
インドの大都市ムンバイの中にある世界最大規模のスラム、ダーラーヴィー地区で生まれ育った少年ジャマールは、テレビの人気クイズ番組、『フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア』、日本で言う『クイズ$ミリオネア』のインド版に出演する。

そこでジャマールは数々の問題を正解していき、ついに最後の1問にまで到達した。しかし、無学であるはずの彼がクイズに勝ち進んでいったために、不正の疑いがかけられ、警察に連行されてしまう。そこで彼が語った、生い立ちとその背景とは
(wikipediaより引用)
というものです。

CMでは、内容についてほとんど触れられていなかったのでどんな話なのかと思う人も多いと思います。1500万$と低予算の映画です。時間的にも120分で標準的です。

私は、かなり平均的な映画だと思いますが、この映画のすごいところはすべてのエピソードが結びつくところです。ジャマールの半生がすべてクイズの答えに結びついているわけです。

ジャマールの幼いときに起きたことは、インドでの問題と直結していると考えても間違いはなさそうです。宗教紛争や貧困など多くのことが描かれています。過去の回想の形で出てきます。

クイズ、子供の時の話、取り調べの3つが同時並行する少し複雑な進み方をしました。


この映画は、インドの悪いところを描きすぎだと批判もされいますが、私は、どんなことにでも目を向ける必要はあると思います。私は悪いこともしくは悲惨なことだから目を背ける姿勢は最低だと思います。

総合評価でアカデミー賞をとった感じです。一つ一つについてではなくすべてをひっくるめて語らないとこの映画の本質は見えないと思います。

今回は、周辺情報が少なく映画に関して予習をほとんどしない状態で行ったので、ここはこうなるということを考えられませんでした。ただ単にストーリーを追うだけなのはあまり好きではないので。

公開当初からオスカー最有力だったというのは驚きです。もともと、公開が10館だけだったというのも驚きです。

日本での興行成績はあまり期待できなさそうです。あくまでも私の考えですが、広告がないようにそこまで触れていないのと、有名な俳優がいないというのも作用しそうです。

評価:90点 ストーリー性、総合性で評価するといい作品。オスカーの名誉も考慮しました。




久しぶりにそれなりの品質の記事を書きました。この記事も、誇れるようなものではありませんが、なんとか伝えたいことはかけました。

この先みたい映画
「バーン・アフター・リーディング」
「トワイライト 初恋」
「グラントリノ」
「ボルト」
「GOEMON」
「クローズZEROⅡ」
「天使と悪魔」
etc
まだまだ沢山あります。行けたらブログ内で紹介しようと思います。

それでは。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。