スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林秀雄について

この前、小林秀雄の「考えるヒント」を読みました。
考えるヒント (文春文庫)考えるヒント (文春文庫)
(2004/08)
小林 秀雄

商品詳細を見る
以前は、小林秀雄は馬鹿だと思っていました。というのも、私が言っていることを理解できるように書いていないからです。自分でもふざけた話だと思います。

以前読んだ福田和也さんの本に小林秀雄に関する記述がありました。そこには小林秀雄の文章は論理的だが飛躍が多いというようなことが書かれていました。それを読んだので小林をあらためて読んだら、確かにそうかもしれないという考えになりました。

ちゃんと考えてゆっくりじっくり読んだら、少しは面白いと思えるようになりました。私としては大きな一歩を踏み出したと思い非常にうれしかったです。やっと、小林の言っていることが少しは理解できるようになったと思いました。まだまだ、本質からは遠いですが徐々に近づけるようになりたいものです。

少し前に福沢諭吉は何でも疑う人だったという話をどこかで読みました。その影響か、私は何でも疑う人間になりました。ただ、そういうことをするのは頭がよくなるかもしれませんが人間関係に支障が出そうです。

というのはおいといて、どんなことも疑うのは重要だと思います。私は学校に非常に否定的です。どんな学者が偉そうなことを言っていても、こっちは現場にいるんだと言いたくなります。私は理論なんかは知りませんが、自分なりに物事は考えています。無駄な時間にしたくはないので。

教育について書くと、ほんとに膨大な量になるので今回は書きません。今度機会をあらためて描きたいと思います。(以前も似たようなことを書きましたね)

それでは。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。